専門職に就く女性が転職先に悩む際に検討したい職能団体

女性の転職で検討したい職能団体と応募の前に確認したいこと

安定した働き方を求める中高年の女性の方には、職能団体への転職もお勧めです。

 

職能団体とは、例えば医師会や日本看護協会、日本社会福祉士会などで、ほかにもさまざまな団体があります。

 

主な職能団体に関しては、以下の「Wikipedia」のページにある一覧を参照して下さい。

 

職能団体 Wikipedia

 

 

専門職から職能団体へ転職

専門職の女性の転職にお勧めの職能団体

専門職の女性の転職の
お勧めの職能団体

専門職の方は一般的に勤務時間が長くなりがちで、夜間勤務や休日対応が必要な場合もあります。

 

独身時代には、特別な困難さを感じなかった残業や夜勤も、家庭を持つ、主婦となり家庭に入ることで困難になることは良くあることです。

 

高収入といわれる職種も夜勤手当や残業代があるからこそで、基本給から特別に高い職業は稀です。

 

家庭の事情により、夜勤や残業が困難になったのであれば、専門職としての知識を生かしつつも夜勤や残業の少ない職能団体への転職も選択肢のひとつでお勧めとなります。

 

また、職能団体に就職する際に気を付けたいのは、専門職としての知識だけでは足りないことが多いということです。

 

例えば、職能団体のなかでも人事や広報といった、さまざまな部署があります。

 

配属先により、さまざまなことを覚える必要があるので、柔軟さも必要です。

 

無資格から職能団体へ転職

職能団体では、専門職でない人の求人を行うこともあります。

 

職能団体に転職するメリットとして、安定した職場であり、倒産などのリスクが少ないことが挙げられます。

 

ただし、専門職でない方が就職した場合、昇給や昇進に限りがある場合もあるので、転職活動の口コミサイトなどを利用して情報収集するか、応募前に団体に直接確認することをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク