30代まで採用される職務経歴書の書き方を学ばなかった

30代で転職エージェントから採用される職務経歴書の書き方を学ぶ

こちらの「30代まで再就職で転職支援サイトを利用しなかった事を後悔」でご紹介していますように、私は30代に入り始めて転職支援サイトと転職エージェントのサポートを受けました。

 

それまでの20代、30代での転職・再就職活動は、もっぱらハローワークを主体として行なっていましたが、何回も面接を繰り返していた際、面接をする前に書類選考を行うので、書類を送ってほしいと言われたことがありました。

 

書類と言えば履歴書という思い込みがあったのですが、そのとき初めて職務経歴書という言葉を耳にしたのです。

 

 

アピールポイントが抜けていた職務経歴書

転職エージェントから指導を受け書類作成

転職エージェントから
指導を受け書類作成

履歴書については一応の知識は有りましたが、職務経歴書に関しては書き方が良くわからなかったので、ハローワークの職員に聞いてみました。

 

このようにして書くというような見本の紙をもらい、その通りに書いて提出しました。

 

しかし、自分では見本通りに書いていたつもりでしたが、抜けている部分、書き足らない内容があったのを教えてくれたのは、その後の転職エージェントの方でした。

 

ハローワークで示された見本には、経歴の要約と勤務していた企業の詳細情報、職務内容や実績、最後にアピールポイントを書くように記されていたのですが、私は最後のアピールポイントを一切記入せずに提出していたのです。

 

それが不採用の全ての原因、大きな要因ではないかも知れません。

 

しかし当時受けた面接では、全て不採用となったのは事実です。

 

プロからの指導を受けて採用される書類作成

30代での再就職活動でお世話になった転職エージェントの方に、採用される職務経歴書の書き方、アピールの方法を教えて貰った時は、それを知らなかった事を大いに反省しました。

 

さらに求人の中には、書類選考であっても履歴書のみという会社もありますが、そんな場合でも自己PRのために、積極的に職務経歴書は提出するべき、入社したいという気持ちをアピールするべきである事も学びました。

 

もちろん、履歴書、職務経歴書の記入ミスや記入忘れに関しても、きちんと確認し、さらに転職エージェントの方のチェックを受けてから提出し、再就職に成功しました。

 

提出する書類は客観的なチェックを受ける、転職・再就職のプロに協力して貰う事を強くお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク