私の20代~30代での安易な辞職と転職の動機を反省

他人と待遇を比べて感じた劣等感で辞職と転職を

高等学校を卒業後、新卒として入社した会社は、給料や休日などの条件はそれほど悪くありませんでした。

 

しかし不景気の影響でボーナスが出ない事、昇給がなかった事が当時の私にとっては大きな不満でした。

 

また最も大きな反省点は、他人との無意味な比較でした。

 

 

同級生と比較し感じた劣等感

安易な辞職・転職の動機

安易な辞職・転職の動機

私の最初の転職の動機には、上記に加えて人間関係があまり良くなかったという事が加わりますが、その後に経験する転職・再就職の難しさから、この最初の転職が安易な動機に基づいていたのではないとかと反省する事がありました。

 

20代、30代で再就職が決まるまで、いくつもの面接をした事、数か月もかかってしまった事を振り返ると、もっと慎重に辞職、転職は考えるべき、検討するべきであると思います。

 

1社や2社、不採用になっても全く焦らなかったのですが、徐々に次の会社が決まらない焦りが出てしまい、最終的にはとにかく次の会社が決まれば、待遇や条件は、どうでもいいという気持ちになってしまったのです。

 

結果的に、それまでの反省点を活かし、30代で希望に叶う再就職に成功をした私ですが、20代、30代前半での転職の際の検討の甘さは否めません。

 

特に無意味であったのは、同級生が私よりも稼いでいた、年収が高く、劣等感を感じた事が転職の動機の1つであった事です。

 

決して後悔しない慎重な検討を

会社を辞める、変わる動機は人それぞれで、様々な要因が複雑に絡む場合もあります。

 

しかし私の転職・再就職活動の反省点として、会社を辞めると決断するには、後悔をしない慎重で多角的な検討が必要であるという事が挙げられます。

 

ボーナスが出ない、昇給も少ない、同級生や友人と比べて待遇が悪い、それらは会社を辞めたいと感じる大きな原因でしょう。

 

転職先、再就職先が既に決まっている場合は、より良い待遇を目指しての退職は問題ないでしょう。

 

しかし、一時の感情や劣等感だけで退職するのは危険であると経験を通じて私は理解しました。

 

退職するときには十分検討するべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク