30代までの転職・再就職の反省点

結果的にPDCAサイクルの応用で再就職に成功した30代男性

30代までの転職・再就職の反省点

当サイト管理人が中高年の転職や再就職の活動で導入をお勧めしているPDCAサイクル、私が最も重要と考えるのはCとAです。自分の活動結果を「Check 評価」し、成功していないならば失敗の要因を冷静に客観的に分析をし、次の「Act 改善」に反映することで、最終的に成功する可能性が高まります。

 

当カテゴリーでご紹介する30代までに転職を4回した男性も、ハローワークの求人をチェックし応募した転職活動からスタートし、その後「Check 評価」と「Act 改善」を繰り返し、民間の支援サービスやエージェントの活用で結果的にはPDCAサイクルを応用した活動で、最終的に希望の再就職に成功しています。

 

中高年の転職や再就職活動には、是非ともPDCAサイクルを応用しましょう。

30代までの転職・再就職の反省点 記事一覧

20~30代での安易な辞職
私の20代~30代での安易な辞職と転職の動機を反省

高等学校を卒業後、新卒として入社した会社は、給料や休日などの条件はそれほど悪くありませんでした。しかし不景気の影響でボーナスが出ない事、昇給がなかった事が当時の私にとっては大きな不満でした。また最も大きな反省点は、他人との無意味な比較でした。同級生と比較し感じた劣等感安易な辞職・転職の動機私の最初の転職の動機には、上記に加えて人間関係があまり良くなかったという事が加わりますが、その後に経験する転職...

続きを読む
採用される職務経歴書の書き方
30代まで採用される職務経歴書の書き方を学ばなかった

こちらの「30代まで再就職で転職支援サイトを利用しなかった事を後悔」でご紹介していますように、私は30代に入り始めて転職支援サイトと転職エージェントのサポートを受けました。それまでの20代、30代での転職・再就職活動は、もっぱらハローワークを主体として行なっていましたが、何回も面接を繰り返していた際、面接をする前に書類選考を行うので、書類を送ってほしいと言われたことがありました。書類と言えば履歴書...

続きを読む
採用条件が緩いブラック会社
焦りから採用条件が緩いブラックに近い会社に再就職

私の20代の転職・再就職経験で、次の職場が決まらず、焦っていた時期がありました。私は性格的に比較的せっかちなところがありますが、とにかく再就職をしたい、収入を確保したいと、ハローワークで見つけた未経験者でも歓迎という求人に応募、すぐに面接し採用された経験もあります。しかし、この焦りは大いに反省すべき点でした。待遇が良く採用条件が甘い求人危うくブラック企業に再就職する事にその求人は採用条件が甘いだけ...

続きを読む
将来性のチェック
目先の待遇の良さに魅かれ将来性のチェックをしなかった

私の30代までの転職・再就職経験では、面接を受けたものの合否の結果連絡が遅れていた事が度々ありましたが、結果が出る前に別の会社へ面接に行き、同じ日に2つの会社から採用の連絡をもらうという経験もあります。もちろん待遇や条件の良い会社に再就職する事に決めたのですが、これも失敗のもとでした。待遇や条件だけでなく将来性をチェック目先の条件だけで選んだ再就職先条件が良い会社とは言っても、それほど待遇に大差が...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク