登録内容更新で転職支援プロの目に留まり求人スカウトを受ける

転職支援のプロの目に留まりスカウトされやすい工夫を

転職支援サイトの担当者、エージェント、ヘッドハンターから求人スカウトされる、オファーメールを受け取るには、彼らが人材を探す際に検索で見つけてもらう必要がありますが、転職支援サービスの登録内容を更新する、最新のモノにアップデートする事で目に留まりやすくする、というのも1つのアピール方法でお勧めです。

 

 

登録内容を更新し目に留まりやすくする

目に留まりスカウトされやすい工夫を

目に留まりスカウト
されやすい工夫を

転職支援サイトやエージェントによってWEBサイトの仕様に違いは多少ありますが、登録者が登録内容を変更したり追加したりして更新をした場合、数多い登録者の中でも更新をした順で上位に表示される場合があります。

 

ログインをした日時で、その会員が上位に表示される転職支援サービスサイトもあります。

 

上位に表示されれば当然ながら、転職エージェント、ヘッドハンターの目に留まりやすくなりますし、更新やログインを継続する事は自身の意欲の高さを示すものともなり、転職・再就職に意欲的で積極的であるという意思表示になります。

 

もともと職務経歴書は推敲に推敲を重ねて、自己を訴える書類、アピール資料としてブラッシュアップすべきものですので、登録した転職支援サービスへのマメなログイン、そして登録内容の更新をする事で、求人スカウト、オファーメールを受ける可能性を高める事が出来ます。

 

転職回数と退職理由

転職支援サービスの登録では、転職回数も入力します。

 

中高年の中には、この転職回数が多い人もみえますが、回数が多い事がネックとなりスカウトやオファーが受けられない求人もあります。

 

全ての退職理由、転職の要因が自己都合である場合は止むを得ませんが、会社都合での退職がある場合は、それを明記する事をお勧めします。

 

会社倒産、事業縮小、リストラなどの場合が退職理由であるケースは、退職回数にカウントされない事が一般的です。

 

退職理由の会社都合と自己都合の最終認定はハローワークで」でもお伝えしていますが、書類上は自己都合退社であっても、給与や残業代の不払いや減額、パワハラや嫌がらせが原因の退職の場合、それを明記する事をお勧めします。

 

また介護退職に代表されるような家族、家庭の事情による退職も、場合によっては自己都合退職とは違う受け止め方をされるケースもあるようです。

 

転職回数の多さがハンディーキャップとなるような中高年の方は、今一度、退職理由を見直し伝え方を再考する事で、求人スカウトやオファーを受けやすくする検討をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク