中高年ならではの役職名とマネジメント経験明記で求人スカウトを

限定された中高年向け求人のスカウトには専門性の高さをPR

中高年であれば、役職に就いている、就いた経験を持つ方も少なくありませんが、社内で、どういう部署で、どういう業務に何年就いていたか、また部下の指導を含むマネージメント経験に関する事も、転職支援サービスの登録時に明記するべきです。

 

 

役職名・部署名とマネジメント経験

役職名・部署名
中高年ならではの限定された要素を明記

中高年ならではの
限定された要素を明記

中高年向けの求人はハイクラス求人を含めて、対外的な営業部門の求人、更には総務や経理など社内の事務方の求人もあります。

 

実は当サイト管理人は自身の判断で、「総務経験者」という求人に応募した経験がありますが、結果は見事、書類審査で落ちました。

 

「総務経験者」という人材に求める要素が、かなり限定されており、経験を持つ中高年が絶対の条件という厳しい求人でした。

 

逆に言えば、経験を持つ中高年では非常に有利な求人で、応募出来る人も限定されている求人です。

 

このように、中高年向けの求人は、経験者でなくてはならないという条件が多いのも特徴です。

 

役職名・部署名を明記する際、実際の業務内容も付記するのも人材を検索する転職支援サービスの担当者に対してアピール効果があります。

 

中高年ならではの、限定された求人のスカウトを受ける可能性を広げましょう。

 

マネージメント経験

社会人、会社員としてのキャリアを積んでいる中高年では、どれほどのマネージメント経験を持っているかも人材としてチェックされます。

 

会社全体の、配属される部署の業績を延ばす、また人員への教育と指導には、マネージメント能力が必要です。

 

このマネージメント経験も、年数の明記は当然ですが、マネージメントした内容を具体的に記述し、また管理をした人員の数なども明記すると、転職支援サービスの担当者が人材検索をする際にアピールとなります。

 

出来る限り、具体的に表記するようにしましょう。

 

対象が限定されるハイクラス求人のスカウトが期待出来る

求人で中高年に求められるものは、若年層とは全く違います。

 

若年層には未来性という広く浅い普遍的な要素が求められますが中高年では狭く深い専門性の高い限定された要素が求められます。

 

企業が求人に求める限定された要素に、ピッタリとマッチする場合、ハイクラスく求人でもスカウトされます。

 

何でも出来ますというモノではなく、コレしか出来ないが誰にも負けない、という能力が求められます。

 

ピンポイントで求められる要素と応募する人材の能力がマッチするという求人です。

 

転職支援サービス登録の際、役職名・部署名とマネジメント経験もシッカリと記述し、転職のプロからオファーを受けられるようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク