中高年の強みの経験年数とスキル明記でハイクラス求人スカウトも

中高年の転職で重要視される経験年数で求人スカウトの数も変わる

転職支援サイト、エージェントのそれぞれで若干のフォームの違いはありますが、ほぼ全ての転職支援サービスでの登録内容は共通しています。

 

求人スカウトを1件でも多く受けるには、先ず自身の情報を細大漏らさず、転職支援サービス登録用の職務経歴書、プロフィール紹介書類を完璧に作成しましょう。

 

 

転職のプロが人材検索で重要視する要素

年数に関する事
中高年で重要視される業界の経験年数

中高年で重要視される
業界の経験年数

転職支援サイトの担当者、エージェント、ヘッドハンターが、自分が担当する求人の条件にマッチする人材を探す際、最も重要視するのが、登録者が経験している

  • 業界・業種・職種
  • 経験年数
  • 年齢

とされています。

 

先ずは「年数」に関した情報を正確に記述しましょう。

 

特に中高年の転職や再就職では、業界・業種・職種と、その分野での経験年数、キャリアが重要な要素となります。

 

特定の分野でのオーソリティである事は、中高年の転職・再就職で最も重要視される要素です。

 

自分が、その分野でのベテランである事は非常に大きなアピールポイントとなり、求人スカウトを受ける可能性が非常に高くなります。

 

どれほどの経験を積んでいるか、その経験年数で求人スカウトやオファーの数が変わると言っても過言ではないと考えます。

 

スキルに関する事

こちらの「コアスキルを職務経歴書に記載し採用企業に与えるメリットをPR」でもお伝えしているように、自身が持つスキルのアピールも非常に重要です。

 

中高年であれば何らかのコアスキルを持っている筈で、自分自身で「あまり高く評価されないのではないか」と勝手に判断せず、スキルの人材価値の判断はプロに委ねるべきです。

 

当然ですが、持っている資格、また外資系、海外事業を展開する、外国進出を計画している企業の求人にアピールとなる英語、外国語スキルも正確に明示しましょう。

 

ハイクラス求人スカウトの可能性も高くなる

中高年の強みであるキャリア年数とスキルがシッカリとアピール出来ていれば、こちらの「年俸600万円以上の中高年はハイクラス求人での転職を検討すべき」にあるように、キャリアを積んだ中高年のベテランならでは、ハイクラス求人のスカウトオファーが提示される場合も多々あります。

 

ハイクラス求人は、まさにその道のプロ、ベテランの人材を求める求人が大多数で、若年層の求職者が持ちえない、中高年のみが持ちえるアドバンテージが活かせる求人です。

 

より有利な求人スカウトを受けるため、年数とスキルに関しては、シッカリと正確に登録しましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク