転職のプロの人材検索にヒットしなければ求人スカウトは来ない

転職支援サイトへの登録内容に漏れがあれば人材検索でヒットしない

現在よりも良い条件であれば転職をしたいという中高年の方も、ある程度の待遇であれば今すぐに再就職をしたいという中高年の方も、ご自身で自分の希望や条件にマッチする求人を徹底的に探すことは、率直に言いまして事実上不可能です。

 

転職支援サイトやハローワークに出ている求人を細大漏らさず、全てチェックするのは、たとえ失業中で仕事をしていない立場であっても殆ど不可能です。

 

 

正確に伝えない限り相手には知らされない

人材を探す転職のプロに見つけてもらう

人材を探す転職の
プロに見つけてもらう

だからこそ私は転職支援サイト、エージェントに登録し、ご自身の登録内容にマッチした求人のスカウトを受ける、オファーのメールを受信するという有利な転職・再就職活動をお勧めしていますが、ここで注意をして頂きたいのが、登録した内容にマッチした求人のみがオファーされるという現実です。

 

つまり、登録されていない要素に関しては、いくら求人情報の提供を待っていても、転職・再就職のプロからオファーされない、スカウトされない、メールも受け取れない、という事実です。

 

簡単に例を挙げれば、「業界経験20年以上」が絶対条件の求人は、業界経験年数が登録された職務経歴で明記されていない求職者はスカウトされない、という事です。

 

求人にマッチする人材を探している転職支援サイトの担当者、エージェント、ヘッドハンターは毎日、転職支援サービスに登録された会員の職務経歴、プロフィールを検索で調べています。

 

つまり彼等の検索ワード、上記の例で言えば「業界経験20年以上」という検索にヒットしなければ、求人スカウトもオファーも一切来ないのです。

 

パソコン検索でヒットしなければスカウトはされない

現代は、パソコン、ネット時代です。

 

パソコンで正確に、そして自身を強力にアピールする登録をし、転職のプロに検索をして、貴方という人材を見つけて貰う必要があります。

 

見つけて貰えば、彼等プロが求めている要件が貴方が登録した内容に含まれていれば、必ずメールや電話でコンタクトがあり、求人紹介がされます。

 

1件でも多く求人紹介を受ければ、それだけ有利な転職・再就職が出来る可能性が高まります。

 

転職エージェントやヘッドハンターと直接に面談して自身の職務経歴、キャリア、スキルを説明する、プレゼンテーションを行う事は重要ですが、その前に彼等の求人検索にヒットし、オファーを受ける、スカウトされる事も非常に重要な事です。

 

自分にマッチする求人を全て探し出す事は不可能ですので、彼等プロに求人を提示して貰う事が肝要となります。

 

転職のプロの検索に漏れずにヒットする登録で注意すべき事を次ページよりお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク