転職エージェントの最適切なサポートには相互理解が最も重要

30代にお勧めの転職エージェントとの付き合い方

転職・再就職希望者を個別に支援をしてくれるサービスの転職エージェントに登録をすると、「直接お会いして打合せをさせて下さい」と、エージェントから提案があります。

 

この面談は必ず行うようにする、これが転職エージェント活用のコツの第一歩で、必ず実行すべきことです。

 

何故なら、直接に面会して話をして、自分を良く理解して貰ったうえで、自分に対し適切なサポートを受けるべきだからです。

 

転職エージェントに徹底的に解ってもらう

転職エージェントとの相互理解が最も大切

転職エージェントとの
相互理解が最も大切

転職エージェントから最も適切なサポートを受けるためには、求職者自身を表から裏まで、全て理解してもらう事が大切であると私は経験しました。

 

人間はコミュニケーションの生き物と言われます。

 

転職・再就職したいと望む求職者も、その支援をするエージェントも、さらに求人を出した会社の人事担当者も、全て人間で、その関係構築にコミュケーションは欠かせません。

 

自分自身を徹底的に解ってもらう事から、転職エージェントとの共同作業がスタートすると考えておいて下さい。

 

何もかも包み隠さずに伝える

転職エージェントからサポートを受けるため、エージェントと直接会って話をしたり、メールで交信をする事は非常に大切な事ですが、その際、今までの自分の転職や再就職の失敗も全て打ち明けるのがポイントです。

 

私は自分の昔の幼稚な転職活動をプロのエージェントの方に打ち明けるのを、少し恥ずかしいと感じましたが、しかし全てを正直に打ち明ける事からスタートするのだと思います。

 

私の姿勢や考えで誤っていたトコロの指摘を受け、それをカバーする対策を共に考え、そして希望通りの再就職に成功したのだと思います。

 

エージェントの独自の視野での求人オファーも

さらに前ページ「条件を変え転職支援サイトで求人検索し30代の選択肢を広げる」にも書きましたが、私のように、転職エージェントからも求職者が気が付いていない業種の求人オファーを受ける事もあります。

 

求職者が、その技能、経験、経歴を発揮できる、類似の業種求人を提示する可能性も決して少なくありません。

 

1つの類似業界を教えてもらえれば、2つの業界の中から求人を選ぶ、求人に応募ができることとなり、転職や再就職に成功する可能性は、1つの業種に絞る場合と比べて単純計算で倍になります。

 

エージェントは、プロとして独特の専門の視野を持っており、その観点で素人には考えられなかった求人を紹介してくれる場合があります。

 

だからこそ、相互理解が非常に重要となるのです。

 

転職エージェントを最も有効に活用するには、コミュニケーションが重要である事を理解しておいて、実行するようにしましょう。

 

尚、転職エージェントの活用については、管理人さんの以下のカテゴリーの記事も参考にして下さい。

 

重要な転職エージェントへの働きかけと活用

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク