条件を変え転職サイトで求人検索し30代の選択肢を広げる

30代にお勧めの転職支援サイトの利用方法と付き合い方

転職支援サイトで転職・再就職に成功する基本的なノウハウを学び、また求人の内容チェックの習慣を身に付け、さらに転職エージェントの個別サポートで、私は、ほぼ理想通りの再就職に30代で成功しました。

 

そんな私の経験から、先ず30代にお勧めの転職支援サイトの利用方法、付き合い方をお伝えします。

 

 

登録の条件を変更し視野を広げる

視野を広げ選択肢を増やす求人検索

視野を広げ選択肢を
増やす求人検索

私の経験から言うと、30代であれば待遇と職種の条件如何で、転職も再就職も困難ではない、と考えています。

 

きっと私のように、ほぼ毎日、マッチングする幾つもの求人情報やスカウトがメールで転職サイトから配信されると思います。

 

しかし理想とする待遇の求人が、望む職種で見つからない場合は、それら登録条件を変えてみる事をお勧めします。

 

転職支援サイトに登録する自分の条件を変える事で、マッチする求人の数が変わるのは当然ですが、自分が望む職種に対して関連する職種の求人が見つかる場合があります。

 

自分が経験した職種は良く知っていても、それに関連する職種、経験が活かせる業種については無知である場合があります。

 

まさしく私がそうでした。

 

中間管理職の求人

自分が30代で持っている技能やスキル、30代までに積み上げた経歴は、自分が知っている分野以外でも価値がある場合があります。

 

さらに30代は、一般職という肩書から中間管理職へ昇進するタイミングでもあります。

 

40代、50代であれば管理職経験者は多くいるでしょうが、30代は、これからという年齢です。

 

今はまだ経験はないかも知れませんが、技能を持つ管理者というポジションの求人も見つかるかも知れません。

 

条件を変えて求人検索をし選択肢を広げる

ハローワークの求人検索と比べて、転職支援サイトの大きな特長は条件を色々と設定して求人検索が出来るという点です。

 

実際の求人検索で、ハローワークのサイトで設定できる条件や希望と、民間の転職支援サイトで設定できる項目では、大きな差があります。

 

転職支援サイトでの求人検索時の条件設定は、条件を厳しくも緩くも出来てフレキシブルな検索が可能です。

 

時には妥協を許さずに条件を厳しくして検索し、また時には可能性を最大限に広げて検索をし、30代というまだまだ若い視野を広くして、転職・再就職先候補の選択肢を広げ、最も適した求人を見つける事をお勧めします。

 

転職支援サイトの活用については、管理人さんの以下のカテゴリー記事も参考にして下さい。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク