アルバイト先でのトラブルで自分の会社選びの過ちに気付く

会社の実情は実際に働いてみないと分からないという事に気付く

3つ目の会社を辞めてから、私はじっくりと求人を探す事としました。

 

イザとなれば、すぐに再就職が出来るとタカをくくっていたのです。

 

何故ならば、まだ私は30歳、前回の転職がすぐに出来たのだから、次も苦労はしなくてすむと考えていたからです。

 

 

空いてる時間を活かそうとアルバイトを

バイトのトラブルで重大な事に気が付く

バイトのトラブルで
重大な事に気が付く

3社目を退職してから3ヵ月、なかなかと希望にマッチする求人が見つからない状態が続きました。

 

求人の検索は、もっぱらハローワークと求人情報誌でした。

 

再就職を焦る気持ちがなかった私は、しかしブラブラしていても仕方ないのでアルバイトでもしようと思い、アルバイトの仕事を探してみました。

 

時給の良さに魅かれて宅配のアルバイトを選びました。

 

しかし実際にアルバイトの仕事をしてみると、求人に出ていた条件が最初の説明と異なる部分が多く、拘束時間も長く新しい仕事探しもできないため、すぐに辞める事としました。

 

アルバイトのトラブルで目が覚めた私

アルバイト先の方に、辞める時に「いきなり辞めるな」と言われトラブルになりましたし、その日の分は給料は支給されませんでしたが、このアルバイト先を選びバイトの仕事をした事で、私は重大な発見をしました。

 

それは、職場とは、会社とは、実際に内部で働いてみないと本当の姿は見えない、全く分からないという事です。

 

今から考えてみれば当たり前の事ですが、私は30代になるまで、それに気が付きませんでした。

 

3社目の転職先で選んだ会社も、このアルバイトも給与、つまりお金だけに魅かれて選び、しかし実際に仕事をしてみて、自分が本当に求めていた職場、会社とは全く違っていて後悔をする…

 

もう同じ過ちを繰り返したくない、そう考えた私は、私の20代の頃にはなかった、インターネットで良く目にする民間の転職支援サービスサイト、中でも個人的に色々と指導が受けられて、さらに就職を希望する会社内部の情報も提供してくれる転職エージェントに登録をしてみました。

 

エージェントの方からの、さまざまな支援サービスを受けた結果、30代での3回目の転職は大成功となり、現在、何不満なく有意義に楽しく転職先で仕事をしています。

 

以上が私の20代から30代までの転職・再就職の記録、いわば失敗の体験記ですが、引き続き私の最期の転職を成功に導いてくれたプロの転職サポートについて次のカテゴリーでお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク