20代から30代の私の転職・再就職

20代から30代の若い年齢層でも辞職や転職は慎重に検討すべき

20代から30代の私の転職・再就職

20代から30代の若い年齢層では、仕事や会社にいろいろな不満や理不尽を感じるものです。40代以降の中高年ともなれば生活や将来を考え堪えることができることでも、若さゆえに辛抱ができないこともあります。

 

各人に起きるいろいろな個々の出来事を、どう受け止め、そう消化していくのかは個人で違いますが、20代、30代の若い年齢であっても辞職する、転職することには慎重であるべきです。その時は「後悔などしない」と思っても、年齢を重ねて中高年となった時点で「後悔」することは、珍しいことではありません。

 

勤務している会社を替わりたいと感じた際は、何故辞めるのか、何故転職するのか、何度も自問自答して慎重に決断をするようにして下さい。

20代から30代の私の転職・再就職 記事一覧

人間関係と給与面で不満
人間関係と給与面で不満を感じて20代で最初の転職を

私は高校を卒業して最初に就職した製造業の会社を、約6年勤めて退社しました。最初の会社を辞めた理由はいくつかあるのですが、1つは人間関係、2つ目は不景気だったこともあり、昇給やボーナスが支給されない年が多かったという給与面での不満です。人間関係と待遇で退職を決意20代前半で10社以上で不採用に最初に就職した会社は、入社して最初の年には昇給もボーナスもあったのですが、2年目からは退職するまで5年間、ボ...

続きを読む
条件の良い求人に応募者殺到
求人誌に掲載される条件の良い求人には応募者が殺到する

私が最初に転職活動をした頃は、まだインターネットでの転職支援サイトやエージェントのサービスが無かったので、ハローワークの求人検索、応募がメインでした。しかし私は、絶対的な求人数が足りないと感じたため、求人誌でも求人を探しました。無料と有料の求人誌も活用求人誌の良い求人には多くの応募者が求人誌には色々な種類があり、かなり幅の広い地域の求人を取り扱っている場合もあれば、比較的狭い地域のみの求人を扱う物...

続きを読む
20代後半に倒産で失業
20代後半で転職先の倒産で失業し再就職活動を

20代前半の私は、ハローワーク、そして求人誌で見つけた求人に応募し、10社以上も面接をし全て不採用になったしまいましたが、その理由としては、以前の会社を辞めた理由をそのまま、人間関係が悪かった、待遇が悪かったと、素直に伝えてしまったことにあると思います。退職理由は前向きな理由を伝えるべき転職先が入社後4年弱で倒産再就職に成功した、採用してもらった会社の面接の際、私は会社を辞めた理由として「もっと高...

続きを読む
30代手前ですぐ採用
反省点を活かした30代手前の再就職活動ですぐ採用が決まる

私の最初の転職先は、勤務先2社目は入社してから一切昇給もボーナスもなく、また時には1日中仕事がないという状態もあったので、ある程度倒産を予想していた人も多くいました。倒産は突然言い渡されるので、退職を希望する数ヵ月前から届けを出す自己都合の退職とは異なります。前回の反省点を活かして再就職活動をすぐ採用が貰えた2回目の再就職当時私は30代手前で、まだ20代でしたし、会社にもかなりの不満があったので、...

続きを読む
アルバイト先でのトラブル
アルバイト先でのトラブルで自分の会社選びの過ちに気付く

3つ目の会社を辞めてから、私はじっくりと求人を探す事としました。イザとなれば、すぐに再就職が出来るとタカをくくっていたのです。何故ならば、まだ私は30歳、前回の転職がすぐに出来たのだから、次も苦労はしなくてすむと考えていたからです。空いてる時間を活かそうとアルバイトをバイトのトラブルで重大な事に気が付く3社目を退職してから3ヵ月、なかなかと希望にマッチする求人が見つからない状態が続きました。求人の...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク