派遣社員である女性が再就職を成功させるための鍵となる人脈作り

女性の再就職を有利に進めるために意識しておきたい人脈作り

派遣社員として働いている間は、派遣先の正社員の人と良好な関係を築くことが大切となりますが、意外なところから、派遣後の再就職先が決まるようなケースもあります。

 

中高年女性という人生経験を活かし、派遣先の会社や職場では良好な人間関係を築く事を心がけましょう。

 

 

社員との関係を良くすることの意味

再就職に役立つ人間関係

再就職に役立つ人間関係

派遣先企業の風土によっては、正社員と派遣社員の間に大きな溝があり、仕事を進めるための最低限の会話しかできないような雰囲気の会社や職場もあります。

 

ただし、どのような雰囲気であろうとも、派遣社員としての契約の更新や直接雇用のチャンスの有無は、同じ職場で働く社員の意志と大きく関わりがあるので、社員の人と良好な関係を作っておく努力が必要です。

 

良好な人間関係はプラスになる事はあってもマイナスになる事はありません。

 

どうしても職場に馴染むことができないのであれば、更新を止められてしまう前に派遣会社に相談して、次の職場を探してもらうと良いでしょう。

 

先に更新を止められてしまうと、派遣社員側になにか能力面、または人間性に非があるのではないかと考えられやすいので、次の職場探し再就職活動が難航します。

 

定年前の役職者と交流を持つ意味

大企業で派遣として働くことになったら、定年前の役職者との交流を持つことをお勧めします。

 

大企業で定年を迎えた人の中には、別企業で理事や監査などという立場に就任する人も多く、この際に前職で派遣社員として活躍していた人を自分の新たな職場で正社員として雇用することがあるのです。

 

こちらの「中高年が持つ人脈を頼り情報の網を広げ転職・再就職の紹介を依頼する」でもお伝えしているように、人脈、人間関係は再就職では非常に重要な要素です。

 

さらには、定年直前に後任者に対して、何人かの派遣社員を名指しして「社員にしてはどうか」と言い残していくケースもあるので、派遣社員の方にとっては、思わぬタイミングで再就職が決まることもあります。

 

若い女性であれば定年の年齢の方に、却って警戒心を持たれてしまうケースもあるでしょうが、年齢差が若年層よりも小さい中高年ですから、例えば趣味などに関しても共通点が見つけやすい筈です。

 

中高年ならではの処世術を活かし、良好な人間関係を作っておき、また期待に応えられるように、社会人としての自分磨きも怠らないようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク