派遣社員の女性が派遣期間終了後に契約社員や正社員になる方法

女性の再就職は派遣社員になっても最後まで諦めないことが大切

中高年の女性に限らず、派遣社員として働く多くの人が、就業開始してから派遣期間の上限である3年を気にされていることと思います。

 

特に中高年という年齢ともなれば、いろいろな職場でいろいろと経験するよりも、同じ職場に勤務し続け精神的に落ち着ける状態を望むのは当然でしょう。

 

最初から短期間だけ働きたいと希望されていたケースは別として、安定した収入を得たいと考えていたり、社会保険に加入するために長期派遣の仕事を選んだりした方であれば、派遣期間の満期後は、派遣されている会社に直接雇用してもらえ再就職することを望んでいる方も多くいらっしゃいますよね。

 

どのようにすれば直接雇用されると思いますか?

 

 

直接雇用されるタイミング

素直で無難な経歴の女性の人材が選ばれる

素直で無難な経歴の
女性の人材が選ばれる

雇用されるチャンスがあるのは、契約の満期後だと思っていませんか?

 

一般的に、契約期間中に直接雇用の話しを進めてしまうと、派遣先が派遣会社に対して、いくらかの移籍金や紹介料が発生することがあるので、契約期間が切れてから打診する企業もありますが、急に人員が必要になった場合には、この限りではありません。

  • 正社員として働いている方が退職した
  • 事業の拡大に伴い増員が必要となった

など、新たに求人を出し、新入社員に仕事を覚えてもらうには時間もお金もかかり過ぎると企業が判断するような場合には、派遣社員の中から正社員や契約社員が選ばれることもあります。

 

選ばれる派遣社員とは

社員の条件として「大卒以上」などの学歴で線引きしている企業もありますが、既に派遣社員として働いている方であれば、たとえ学歴が基準を満たしていなくても、また中高年という年齢であっても雇われる可能性があります。

 

過去にさまざまな企業で派遣から社員になれた人をみれば、素直で無難に仕事をこなすタイプの人が多く選ばれています。

 

派遣社員の方の中には、スキルはとても高いけれど、当たりの強い人もおり、このようなタイプの人は学歴や年齢に関係なく選ばれにくい傾向にあります。

 

中高年という人生経験を積んでいる女性であれば、礼儀正しく感謝の気持ちを素直に表すことのできるような人であれば、周りの社員の人も長く一緒に働きたいという気持ちを抱きやすいので、むしろ若年層の経験の浅い若い女性よりも選ばれやすくなるでしょう。

 

派遣社員の方が留意すべきこと

派遣社員の雇用が不安定なのは、派遣に関連する法律が目まぐるしく変わるためでもあります。

 

過去にも法改正に対応するために、派遣社員の契約の更新を行わないことを決定した企業も多数あるので、派遣として働いている限りは、法改正にも敏感になり、企業の動きを早めに掴む努力をすることをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク