女性の再就職に有利で利便性も高い国家資格「宅地建物取引士」

中高年女性の再就職には宅建を取得し平日に休みの不動産屋が魅力

再就職で求人に採用されやすくするために資格を取得するのであれば、国家試験と考える中高年女性の方もも多いかと思います。

 

女性の場合、趣味の延長である検定試験(例えばアロマテラピー検定や野菜ソムリエなど)に人気が集まる面もありますが、再就職を考えて取得するのであれば、やはり付加価値の高い国家試験がお勧めです。

 

 

宅地建物取引士試験のメリット

女性の再就職に有利で利便性も高い資格の宅建

女性の再就職に有利で
利便性も高い資格の宅建

宅地建物取引士試験(いわゆる宅建)は、国家試験のなかでも人気があり、また女性でも比較的簡単に取得できる資格です。

 

宅建は、不動産関係の業種に再就職をする際に非常に有利となります。

 

多くの不動産関連会社では、定休日が平日のために、普段から銀行などに行く用事の多い主婦の方に人気の就職先です。

 

また、建築や金融業界でも宅建の資格を取得していることを求人の応募条件としている企業が目立ちます。

 

このように宅建保持者の需要が高いのは、不動産売買の際に資格を持っている人が介入しなければならないシーンが多々あるからです。

 

宅地建物取引士試験の受験概要

国家試験の多くが、年に1回しか試験を実施しませんが、宅建も例外ではありません。

 

宅建は毎年10月に試験が行われ、12月に合格発表となります。

 

宅建は試験に合格し、登録をすることで宅地建物取引士という資格が与えられ、業務に従事することができます。

 

登録のためには、定められた実務経験か、講習を受ける必要があります。

 

学習方法

宅建は独学でも合格することのできる試験で、実際の多くの人が独学で合格を手にしています。

 

ただし、法律が苦手というような方であれば専門のスクール、講座に通われるのもお勧めです。

 

年に1回しかない試験のために、試験日までに、過去問題までしっかり勉強しておく必要があります。

 

宅建の合格率は15~17%のために、難易度が高く感じられるかもしれませんが、このような試験は、ほとんど勉強をせずに「受かれば儲けもの」というスタンスで受験する人も多くいるので、しっかり勉強をして試験を受ける人の合格率は、ここまで低くはありません。

 

合格者の多くが、3か月程度の勉強で合格しています。

 

あまり、時間をかけ過ぎても、参考書の最初の方の記憶が薄れてしまうこともあるので要注意です。

 

宅建講座に関しては、以下から資料請求されることをお勧めします。

 

資格の大原

 

総合資格ナビ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク