再就職で一般事務を目指すのなら「日商簿記検定試験」が必須

再就職をするのであれば簿記検定試験を受験するため

女性に人気のある一般事務のオフィースワーク仕事ですが、求人情報の内容などを確認すると多くの方が挫折しそうになるそうです。

 

その原因は、応募資格にあります。

 

年齢制限はもとより、一般事務でも車の運転が求められたり、秘書検定や簿記検定の取得者に限定されていたりすることもあり、履歴書を出す前の段階で不採用を突き付けられたような気持ちになるのです。

 

再就職をしたい中高年女性が、一般事務の仕事に就くために有利な資格は、「簿記」です。

 

 

簿記検定のメリット

女性の一般事務への再就職には簿記の資格

女性の一般事務への
再就職には簿記の資格

簿記とは、帳簿を付けることです。

 

簿記検定では、検定試験のための勉強を通じて、簿記に必要な知識を得ることができます。

 

帳簿を付けることは、検定試験に合格していなくてもできますが、職場によっては知識のある上司や先輩がいないようなケースもあります。

 

一般事務の仕事のなかに経理の仕事を含めている会社もあり、また、取引先との契約においても簿記の知識が必要になることもあるので、就職前に簿記の勉強をして、資格を取得することには大きな意義があり、尚且つ簿記検定に合格すれば非常に有利となります。

 

中高年の年齢であっても、年齢のハンディーキャップを乗り越える有利さとなり、採用の可能性が飛躍的に大きくなります。

 

簿記検定の受験概要

簿記検定といえば、一般的には日商簿記検定試験のことを指します。

 

日商簿記検定試験は、年に3回(1級のみ2回)実施されます。

 

試験は記述式で、合格基準は70%です。

 

学習方法

2級と3級であれば、書店などでテキストを買えば独学で合格することも十分に可能です。

 

1級に関しては、多くの人がスクールに通い合格を目指しますが、その多くが税理士試験も視野に入れて勉強されています。

 

学習時間は3級であれば60時間ほどでも、合格を狙うことができます。

 

ただし、再就職を目指される中高年女性にとっては、簿記は単に資格を得るためだけではなく、実務に活かすことも考えられていると思うので、満点を取るような気持ちでしっかりと勉強することをお勧めします。

 

再就職後に必ず実務で役に立ちます。

 

簿記の講座に関しては、以下の専門コースから資料を請求されることをお勧めします。

 

資格の大原

 

総合資格ナビ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク