40・50代の中高年の再就職は必ずプロのサポートを受けるべき

40代・50代の中高年の再就職は私のようにプロの支援を受けるべき

私は46歳という中高年の年齢で、希望通りの再就職に成功しました。

 

40代後半での転職や再就職は、一般の人にとって決して簡単な事では無いと思います。

 

 

必ず有利な再就職活動となるプロの支援

プロと取り組み再就職の可能性を広げる

プロと取り組み再就職の
可能性を広げる

しかしリストラなど不可抗力の事態で解雇され失業し無職となる中高年の方で、再就職に成功したい方は、私のように転職・再就職のプロである転職エージェントの支援を必ず受けるべきです。

 

40代、50代で年齢的にハンディーキャップがある中高年が、再就職出来る可能性が飛躍的に大きくなります。

 

自分に特殊で付加価値のある能力やキャリアがある方でも、より有利で条件の良い再就職先が選べる選択肢が増えます。

 

私が学校職員の仕事に再就職できたように、この会社に再就職したい、この仕事、ポストに就きたいというピンポイントの戦略を就職のプロと共に構築する事が出来ます。

 

精神面でも大きなメリットが

また中高年であれば、やはり私が経験したように、不採用通知で挫折感を味わい、再就職は不可能であると自信を無くす事も少なくないと思います。

 

もちろんプロの支援を受けても人材市場に存在する求人数が増えることはありません、しかし個人では知ることが出来なかった求人情報を知ることが出来ます、登録する事で初めて受けられる求人オファーもあります。

 

中高年に合った具体的な再就職活動の仕方、応募の仕方、狙うべき仕事や会社に関するアドバイスから、マッチした求人に対する具体的で効果的な活動方法の指導、サポートが受けられます。

 

デメリットは、何一つありません。

 

私の真似をして道を切り拓いて下さい

転職支援サイトやエージェントを活用するのは、個人の自由です。

 

中高年という年齢であろうとも、自分に自信を持つ方は、プロの支援など必要がないかも知れません。

 

しかし現実的に既に再就職活動をして採用される困難さを感じている中高年、または壁にぶつかって先に進めない状態、求人数が少ないと八方塞がりの状況であるならば、転職エージェントにコンタクトを取りましょう。

 

プロに会い、面談をしましょう。

 

1人よりも2人で取り組めば、より可能性は広がります

 

ましてやプロの支援を受けながらの活動は、素人1人での活動と比べものにならないほど不利となるのは自明の理です。

 

私の真似をする事を、強く強くお勧めします。

 

必ず道は拓けます。

 

以上が私の「40代男性の再就職活動記録」です、参考にして頂ければ幸甚です。

 

次カテゴリーからは当サイト管理人の後輩で、40代までに7回の転職と再就職、派遣社員経験を有する男性の手記をお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク