面接日程が変更となり最終的に求人がキャンセルされた案件

面接の日時は出来る限り自分のスケジュールを調整し相手に合わせる

この求人案件も私が40代で、大手の転職支援エージェント会社からのオファーでした。

 

登録してあった私の職務経歴書を、転職エージェントが求人を出していた企業に提示、その書類審査で相手の企業の採用担当者が、私に大きな興味を示したというものでした。

 

前ページでご紹介した転職エージェントの方からのオファーでした。

 

 

期待したマッチング案件

求人がキャンセル

求人がキャンセル

その時期は、こちらの「エンジニアで経営者である先輩の会社に再就職するも休業体制に」でお伝えしているように、私が勤めていた会社が休業体制となり、私は「条件が良いトコロがあれば紹介をお願いしたい」と、その転職エージェントに依頼をしていました。

 

年齢、経歴などを相手がチェックした結果、「非常に高い関心を示された」との事で、それは私も同じで、その企業の業務内容から私にマッチした求人案件であると受け止めていました。

 

その後、何月何日の何時に面接、という詳細まで段取りが決まり、その面接予定が私に連絡が来たのですが、当時会社勤めをしていた私には、その日来客予定があり当該の企業に出向くのは不可能で、面接の日程変更をお願いしました。

 

しかし今度は、私が提案した日が相手企業に都合が悪く面接のアレンジが出来ない、更には同行するという転職エージェントの都合も悪い、という事態に…

 

そんな繰り返しが数回続き、1ヶ月ほど、関係者が互いに日程調整が出来ない、面接が出来ないという期間が続きました。

 

私はその期間、相手に聞きたいこと、そして自分としては何をしたいか、何が出来るかPRを考えシュミレーションを繰り返し、正式な面接日程が決まるのを毎日待ち続けました。

 

しかし最終的に、その求人は、企業が求人自体を取り下げてしまいキャンセルとなりました。

 

相手のスケジュールを尊重する

キャンセルの理由は、その年度の会社業績が下方修正され「攻め」よりも「守り」に方針転換すべきとされた、つまり会社側が今後の経営方針、戦略を縮小方向に修正したのです。

 

最初の会社側が提案した日時で、もし面接をしていたところで結果は同じだったかも知れませんし、求人キャンセルの理由からすれば私の、このケースは間違いなく同じだったと思います。

 

しかし、もしかしたら違っていたかも知れません。

 

ですから会社側から面接の日時提案があったならば、出来る限り自分のスケジュールを調整し合わせる、そうれば少なくとも後悔だけは避けられると思います。

 

また、面接を1回でも多く経験することは、その後の転職活動に於いて決して無駄では有りません。

 

何ともならないキャンセルは有るでしょうが、チャンスをモノにする、経験を積むという意味でも、提示のあった日時、極力優先して面接を受けるように調整すべきでしょう。

 

よりアグレッシブな戦略が追加できる可能性が

求人応募書類に目を通した企業から「面接をしたい」とオファーを受け、それに応じるという事は、中高年の自分のキャリアやスキルに興味を抱いた企業が

  • どういった点で面接をしたいと判断したのか
  • 本人と会って何を直接確認したいと思ったのか

という情報を入手する事となります。

 

それらの情報を入手する事は、その後の転職・再就職活動で、自分にプラスできる戦略的な自己PRのネタになります。

 

自己PR出来るネタが増えれば、よりアグレッシブに活動が出来て、より好条件、好待遇の求人にチャレンジが出来ます。

 

最期に納得の転職・再就職に成功するため、より多くの貴重な経験を積むようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク