中高年の40代でリストラされ再就職が出来るのか不安を

信用度が高く実績もある私には優先的に紹介をすると派遣会社より

40代真っ只中の中高年の年齢で早期退職を選んだ私…早期退職を後悔したのは、会社を辞めてから1年後でした。

 

 

派遣の仕事が意外なほど早く紹介される

派遣会社のお陰でお金には困らずに

派遣会社のお陰で
お金には困らずに

会社を辞めて2週間ほどは、旅行などで気ままに過ごしましたが、その後からは本格的な仕事探し、再就職活動を開始しました。

 

ですが意外にも派遣の仕事は、すぐに見つかりました

 

この時は以前の時とは違い、ハローワークでの求人探しではなくインターネットで派遣会社に幾つか登録しての仕事探しでした。

 

最初に仕事を紹介してくれた派遣会社は、前に登録をしていた会社で、以前も色々な仕事紹介をしてくれた派遣会社でした。

 

担当の方が、いち早く仕事を紹介してくれた理由を教えてくれました。

 

派遣会社の担当の方の話

「派遣された会社で幾つか正社員採用を打診された貴方は信用度が抜群です。

 

今回のリストラはお気の毒でしたが、その会社でも派遣社員から正社員に採用され10年間も勤続された。

 

また40代という年齢も社会的常識を身に付けてみえる、キャリアを積んでいるというプラス評価になります。

 

その信用度は、我々が仕事をお願いする派遣先にとって、契約期間中、間違いなく仕事を継続してくれるという保障のようなもので、非常に重要な要素です。

 

派遣会社としては、信用度の高い方、実績のある方に優先して仕事紹介をします。」

 

その説明を聞いて、やはり真面目が一番大切なんだな、と感じたものです。

 

自分では特に意識はしていませんでしたが、確かに依頼された仕事は責任を持って行ってきた、そして仕事上の失敗も皆無という社員であったことは確かです。

 

20代、30代の経理だけの仕事をしていた時は、さほど仕事の喜びを感じていませんでしたが、好きなパソコン関係、インターネット関連の仕事をするようになってからは、仕事自体が楽しくなり、また人から頼りにされるという喜びも感じ、責任を果たすという姿勢で仕事に取り組んでいました。

 

紹介される仕事、会社は、様々でしたが、しかし当面、仕事がなくて収入が途絶えるという心配はありませんでした。

 

これでまた気ままに生活が出来る、そう考えていましたが、派遣の仕事を殆ど途切れなくこなして1年間、40代後半の45歳となった時、果たしてこのままでいいのだろうか、という考えになりました。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク