転職のプロのサポートで中高年のキャリアの強みを最大限に活用

中高年のキャリアの強みを効果的に活かす転職のプロのサポート

自己PRの重要性、さらに臨機応変に対応すべき事は、こちらの「中高年の自己PRを最新の社求人情勢に合わせ再就職活動」にも書きましたが、私の経験から、この場面でも転職のプロの個人的なサポートは是非とも受けるべきと考えます。

 

 

個人の活動では限られる情報収集

キャリアの強みを活かすプロのサポート

キャリアの強みを活かす
プロのサポート

中高年の自分のキャリアの強みを活かせる、しかも好条件の求人を自分自身で見つけて応募したとします。

 

その求人要綱には、「営業でセールス実績を持つ人」と記載があったとします。

 

当然、自分のキャリアの中で営業面での強みをアピールします。

 

しかし、その次にその求人や企業が求めている要素が何か分かりますか?

 

3番目、4番目に採用の決め手となるスキルは何か、自分自身で調べる事は出来ますか?

 

さらに面接官などの個人的な好み、また前回採用された人材の事が、個人で情報を収集出来ますか?

 

もしも、ご自分だけで求人要綱には書かれていない内容、表には出ていない情報を入手出来ると確信されるなら、転職のプロのサポートは不要でしょう。

 

しかし私は、プロの協力を得て二人三脚で転職、再就職を何度も成功させました。

 

中高年のキャリアの強みを活かすプロのサポート

また前ページで触れたように、個々の企業からの求人だけではなく、中高年のキャリアの強みが転職や再就職の人材市場の中で、どれだけの価値があるのか、どれほどに評価されるのか、それは転職のプロにしか分かりません。

 

自分では能力と実績のアピールにならないと思えるキャリアが、実は価値のあるキャリアである可能性があり、その判断はプロに任せるべきです。

 

プロも同じ判断をする可能性もありますが、しかし自己判断だけでは危険であり、同時に「もったいない」事になりかねません。

 

更に、複数の求人で同様の中高年のスキルを求める求人が発生した場合、どれが最もマッチングが高いか、有利か、採用の可能性が高いか、それもプロでしか判断が出来ません。

 

経験を積んだ中高年であればこそ、職務経歴も長く、キャリアと強みも持っている筈です。

 

社会人経験が長い分だけ、キャリアと呼べるものも多い筈です。

 

それら中高年ならではの転職や再就職に有効なアドバンテージを適切に使用するためにも、転職支援サイトやエージェントに登録されて、プロからの指導を受けながら活動される事を、強くお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク