中高年の自分のキャリアを正しく評価しアピールする重要性

キャリアの強みの思い違いでアピールが出来ていない中高年が多い

転職、再就職活動で自分のキャリアをアピールする事は特に中高年には重要な事です。

 

若年層であれば、今後の成長、活躍を期待され、その期待分がキャリアのレベルをカバーしますが、中高年はその逆であると言えるでしょう。

 

コアスキルなどを職務経歴書でアピールする、更に自己PR資料などを作成し、キャリアを強力なセールスポイントとするのは当然ですが、転職、再就職経験のない中高年では意外と、このアピールが出来ていないと転職のプロは指摘します。

 

 

自分を正しく評価しアピールできる能ある鷹に成る

中高年のキャリアの強みの重要性

中高年のキャリアの
強みの重要性

「能ある鷹は爪を隠す」という精神は、カッコいいモノかも知れません、また日本人の美徳かも知れません。

 

しかし正しく伝えないと伝わらないモノもありますし、1度や2度の失敗など関係ないと言っていられないのが中高年の転職、再就職です。

 

ましてや外資系企業に対してですと、「能ある鷹は爪を隠す」という姿勢は自己主張の出来ない中高年というマイナス評価となります。

 

例えば面接で、「キャリアの強みをアピールしてみて下さい。」と言われて、即答が出来ないようでは採用はおぼつきません。

 

ましてや謙遜のつもりか、「自慢出来るようなキャリアは持っていません。」というような回答では、若年層であれば謙遜と受け取られる可能性はあっても、中高年の転職・再就職活動では自ら採用をしないでくれと言っているようなものです。

 

もともと性格が内向的で、人を押しのけて自分をアピールするのは苦手という人もいますが、そういう方はヘッドハンティングでの転職を除き、自らの手で転職や再就職の成功を勝ち取るという挑戦はしない方が良いでしょう。

 

自分の中高年としてのキャリアを書類でアピールする、面接でアピールするには、どうしたら良いか、転職のプロのアドバイスをご紹介します。

 

キャリアの強みに対する思い違い

当たり前の事ではありますが、中高年の年齢層に対して出される人材求人は、年齢に対して求人が出るのではなく、その人が持つキャリアに対して出されるのです。

 

転職のプロであるエージェントやヘッドハンターは、「中高年であればセールスポイントとなるキャリアの強みを持っていない人は居ない。」と断言します。

 

しかしそれを上手く表現出来ない、書類に書けない、面接で適切に答えられないのは、次の2つが要因であると指摘します。

  • 自分の強みを正確に把握していない
  • 職歴とキャリアの強みを混同している

上記のような勘違いを正すため、正確に中高年としてのキャリアの強みを、自分自身で客観的に理解する方法、また自己PRで適切にアピールする為に必要なスキル別での整理について、以降のページでお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク