中高年ならではのキャリアアピールの注意点

特定分野のプロである中高年求職者は転職のプロと手を組むべき

中高年ならではのキャリアアピールの注意点

社会人、ビジネスマンとしてのキャリアは仕事をした年数や経験数に比例をして増加します。歳を重ねるごとに、体験をするごとに積まれていくキャリアですが、中高年の年齢層に入り、さらに経験を重ねると自分が有するキャリアの価値が客観的に判断できなくなる場合もあります。

 

異業種での経験がない、他業種の知識がない場合などは比較ができないことから、特に客観的な価値が分からなくなります。さらに、転職や再就職をしたいと考える時点での、アップデートな価値を把握することも人材市場に関しての素人で不可能です。

 

それゆえに転職や再就職をサポートするプロの仕事が成立するとも言えるでしょう。特定分野のプロである中高年求職者は、プロと手を組み、プロ同士で活動をするのがベストです。

中高年ならではのキャリアアピールの注意点 記事一覧

キャリアをアピールする重要性
中高年の自分のキャリアを正しく評価しアピールする重要性

転職、再就職活動で自分のキャリアをアピールする事は特に中高年には重要な事です。若年層であれば、今後の成長、活躍を期待され、その期待分がキャリアのレベルをカバーしますが、中高年はその逆であると言えるでしょう。コアスキルなどを職務経歴書でアピールする、更に自己PR資料などを作成し、キャリアを強力なセールスポイントとするのは当然ですが、転職、再就職経験のない中高年では意外と、このアピールが出来ていないと...

続きを読む
キャリアの強みを思い出す
キャリアの強みを中高年が把握するためには考えずに思い出す

中高年の転職希望者、求職者が自分のキャリアの強みを自身で客観的に把握するためには、「頭で考えず思い出すのがポイント」と、転職のプロ、ヘッドハンターはアドバイスします。職歴を思いだし自分の強みを把握する自分のキャリアの強みを思い出す中高年であれば仕事で、また仕事を通じて様々な経験、体験を積んでいます。そのキャリアこそが中高年の強みで、若年層にはないプラス要因です。今までの職歴で仕事、業務で成功した事...

続きを読む
キャリの重要性を採用側で考える
中高年のキャリアの強みの重要性は採用側立場で考えてみる

どんな事でも同じ事が言えますが、「相手の立場になって考える」という事は常に重要で、そこから大きなヒントが得られます。採用を決める立場になって考えてみる中高年の客観的評価を心掛ける転職、再就職でも求人をしている側の立場になって考えると、応募してきたキャリアを持つ中高年の求職者は果たして我社が求める要素に合致しているだろうか、それを確認したいという事が理解出来る筈です。中高年という年齢層に求人を出す企...

続きを読む
キャリアの強みを最大限活用
転職のプロのサポートで中高年のキャリアの強みを最大限に活用

自己PRの重要性、さらに臨機応変に対応すべき事は、こちらの「中高年の自己PRを最新の社求人情勢に合わせ再就職活動」にも書きましたが、私の経験から、この場面でも転職のプロの個人的なサポートは是非とも受けるべきと考えます。個人の活動では限られる情報収集キャリアの強みを活かすプロのサポート中高年の自分のキャリアの強みを活かせる、しかも好条件の求人を自分自身で見つけて応募したとします。その求人要綱には、「...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク