中高年ならではのキャリアアピールの注意点

特定分野のプロである中高年求職者は転職のプロと手を組むべき

中高年ならではのキャリアアピールの注意点

社会人、ビジネスマンとしてのキャリアは仕事をした年数や経験数に比例をして増加します。歳を重ねるごとに、体験をするごとに積まれていくキャリアですが、中高年の年齢層に入り、さらに経験を重ねると自分が有するキャリアの価値が客観的に判断できなくなる場合もあります。

 

異業種での経験がない、他業種の知識がない場合などは比較ができないことから、特に客観的な価値が分からなくなります。さらに、転職や再就職をしたいと考える時点での、アップデートな価値を把握することも人材市場に関しての素人で不可能です。

 

それゆえに転職や再就職をサポートするプロの仕事が成立するとも言えるでしょう。特定分野のプロである中高年求職者は、プロと手を組み、プロ同士で活動をするのがベストです。

中高年ならではのキャリアアピールの注意点 記事一覧

facebook はてなブックマーク