中高年が転職サポートを受けないリスク・ベストな転職サイト

転職のプロのサポートを受けない活動は丸腰で戦いに挑むようなもの

中高年が転職支援サイトやエージェントのプロからのサポートを受けないリスク、デメリット、また自分にマッチする転職支援のプロを見つけることについてお伝えします。

 

 

転職支援サイトやエージェントを利用せずに転職活動を行う場合のデメリットは何でしょうか?

  若年で、高く評価される学歴や職歴を持つ人材であれば、付加価値の高いスキルを持つ人材は、サポート無しでも好条件で転職する事は可能でしょう。

 

プロのサポートを受けないデメリット

プロのサポートを
受けないデメリット

中高年の年齢が、全ての中高年に於いてハンディーキャップとなるとは限りません。

 

年齢以上に評価されるだけの経歴、技能、資格があれば高齢の中高年でも、転職も再就職も容易です。

 

しかし求人に於いては、求められる人材の条件を求職側が決める事は出来ません

 

また求人は1件1件、全て条件が違い、さらに企業カラーも経営者の方針も全て違います。

 

1件1件の求人ごとに採用される為のベストな体制で臨む、入手出来る情報を全て収集し、細大漏らさず万全の準備をするには、やはり転職支援のプロのサポートが必要であると私は考えます。

 

エージェントのサポートを受けない転職活動のデメリットは、丸腰で戦いに挑むと同様、非常にリスクの高い活動になる事、不採用となる可能性を高くしてしまう事であると考えます。

 

以下の記事も参考にして頂き、プロのサポートのメリットを理解しておく事をお勧めします。

 

どこの転職支援サイト・エージェントが最も優秀か教えて下さい

  どこの組織でも会社でも優秀な人材は居ますが、同時に評価出来ない人物も居ます。

 

転職支援のプロも同じです。

 

さらに求人市場も、その時の経済状況、トレンドの変化などで若年層の人材が増える場合もあれば、ベテランが求められる時もあります。

 

要は、中高年である自分の社会人としての価値、業績を正しく理解し、転職の条件や環境を理解し、適切な求人をオファーしてくれ、最高のサポートをする、そういった転職支援のプロ、エージェント、アドバイザーを見つける事が重要な事となります。

 

先ず求職者である自分から行動を起こし、最も自分にマッチする転職支援のプロを探すようにする事をお勧めします。

 

以下の記事を、是非参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク