転職支援サイトとハローワークの求人の違い・特徴・使い分け

現状より高レベルへの転職ならばハローワーク求人より転職支援サイト

ご紹介する回答内容は、当サイトの各記事でお伝えしている内容の「まとめ」、つまり要約となりますが、関連記事をリンクで示しますので詳細な内容はリンク先の記事を参考にするようにして下さい。

 

 

希望が叶う転職には民間の転職支援サービスとハローワークのどちらが有利でしょうか?

   転職の目的で違うと考えます。

 

転職支援サイトとハローワークの使い分け

転職支援サイトと
ハローワークの使い分け

年収や待遇が現状維持、または悪化しても転職をしたいならば民間の転職支援サービスの求人でもハローワークの求人でも構わないでしょう。

 

しかし現状よりも高いレベルへの転職を望むならば転職支援サイトや転職エージェントの利用が適しています。

 

ハローワークの求人の特徴については、以下の記事を参考にして下さい。

 

年収や待遇がアップする求人は転職支援サイトやエージェントに多いのですか?

   基本的にハローワークの求人は地元企業からの求人が多い、及び斡旋に強いという特徴があります。

 

私の経験ですが、ハローワークの求人では、年収が上がるような求人、ハイレベルな求人は多くありません。

 

対して転職支援サイトやエージェントが扱う求人では、人材を確保する為にお金を使っても欲しいという求人となり、それだけ付加価値の高い求人となります。

 

以下の記事を参考にしてみて下さい。

中高年向きと言える実績、管理能力、特殊技能を持つ人材を募集する求人も多く、それだけハイレベルな条件、待遇の求人となっています。

 

転職支援サービスサイトとハローワークの求人の違い、特徴などは以下の記事を参考にして下さい。

 

リストラで早期に再就職をしたいのですがお勧めは転職支援サイトですかハローワークですか?

   どちらも、使えるモノは全て使いましょう

 

以下の記事も参考にされる事をお勧めします。

 

中高年の転職・再就職では利用・活用出来るものは全て使う

 

ハローワークの求人には多くの中小企業からの求人も含まれており、規模の小さい会社では欠員などで緊急で人材を募集するケースが多々あります。

 

ハローワークにも、転職支援サイト、転職エージェントなどにも出来るだけ多く登録し、なるべく足繁くハローワークに通い、求人検索を行い、候補となる求人について職員と相談するようにしましょう。

 

但し、再就職を焦るあまり、ブラックな会社の求人には十分に注意をしましょう。

 

ハローワークが扱っていたブラック会社の求人に関する私の経験談は、以下の記事を参考にして下さい。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク