私が海外事業を展開するグローバル企業に転職できた要因

私の海外で働きたいという強い意志と先輩のお誘いと紹介

当サイト管理人の私が最初に海外事業を展開する日本企業に転職ができた最大の要因は、「3社目 30代 ヘッドハンティング」でご紹介しているように、私が新卒で入社した会社での先輩のお陰です。

 

その先輩とは、私が新卒で入社した会社で知り合いとなったのですが、先輩は会社を辞め転職し、その転職先に「我社に来ないか?」と誘ってくれたのです。

 

 

3つの国から大型プロジェクトを受注し海外事業部を新設

海外で働きたいという強い意志

海外で働きたいという強い意志

先に会社を辞めた先輩の転職先では、新規の海外プロジェクトの受注が3件決まり、それぞれ全て納入先が違う国で、とてもではないが現在の人員では対応が出来ない、と説明をしてくれました。

 

いつか世界を相手にしたビジネスがしてみたい、海外で働きたいと考え、その夢を私は先輩に話していたため、先輩は「君の夢が叶えられるチャンスだ。転職して共に海外プロジェクトの仕事をしてくれないか?」と、転職を勧められたのです。

 

残念ながら、転職先の経営者の判断ミス、世界規模の経済の悪化、会社の海外事業経験不足から会社は和議申請をし、私は4社目への転職をしますが、しかしこの海外プロジェクトの参加という経験が無ければ、その後の40代、50代でのグローバル企業、外資系企業への転職や再就職の成功も無かったと考えています。

 

海外で働きたいという熱い意志を持ち挑戦する

先輩が会社の新規海外事業展開を教えてくれた事、そして後輩の私を会社に紹介してくれた事、そのお陰で転職する事が出来た私ですが、先輩が紹介してくれたのは私が常に海外で働きたいと夢を持ち続けたからです。

 

その私の意志が先輩に伝わっていたからだと思います。

 

それは、以降の外資系企業への転職でも同様ですが、外国で仕事をしたい、海外ビジネスをしたいという気持ち、意志こそが転職に成功した最大の要因であると私は考えています。

 

中途半端な単なる憧れではなく、海外で働きたいと心から願うならば、その熱い意志を持ちチャレンジする事が重要なポイントであると思います。

 

英語と英会話を猛勉強した事実と努力する能力が評価され採用

私は先輩から海外事業を展開する日本企業への転職のお誘いを受けてから3か月後に転職をしました。

 

その3カ月間に自分の英語レベルを上げるために英語と英会話を猛勉強しました。その事実と努力をする能力が評価されて転職に成功しました。

 

海外で働きたいという強い意志が、海外事業を展開する日本企業への転職に最も重要とお伝えしましたが、私は何もその姿勢、意気込みだけで採用された訳でもありません。

 

英語、英会話学習を毎日真剣に継続している事を会社側に伝えアピールもしました。

 

3カ月間に渡り英語と英会話を猛勉強

時間を惜しみ学習した英語と英会話

時間を惜しみ学習
した英語と英会話

私は先に転職をしていた先輩から、転職し海外ビジネスに参加し欲しいとのお誘い受けてから3か月後に転職をしました。

 

転職をする事自体はすぐに決めたのですが、自分の英語能力が十分ではないと自己判断し、英語学習、特に英会話を猛勉強しました。

 

市販の英語教材を購入し、またNHKの英会話プログラムもテキストを購入、番組を録画し学習しました。

 

オフの時間は勿論、朝晩の通勤時間でも英会話を耳で聴き毎日、猛勉強をし暗記もしました。

 

更に先輩にお願いをして、実際の海外ビジネスで取り交わされている英文の書類のコピーを頂戴し、その翻訳で現場の生きたビジネス英語も勉強しました。

 

元々英語が好きで学生時代も得意な科目でしたので、日々自分の英語力がアップしている事を自覚し、転職に臨みました。

 

英語学習をした事実と努力する能力

その転職は先輩からの紹介でしたので、転職サイトやエージェントを介しての転職活動ではなかった、知人紹介の転職でしたので、転職先の会社には履歴書を提出し、その後、すぐに面接となりました。

 

私は自分の海外で働きたいという意志、そして3カ月間、英語、英会話の学習を続けてきた事を面接で伝えました。

 

面接をした総務部長に入社後に聞いた話では、面接で私が語った海外ビジネスへの熱い意志、そして英語を真剣に学習している姿勢を高く評価し、何の迷いもなく採用を決めた、との事でした。

 

もちろん、その時の英語学習は転職にプラスに働きましたが、その後の実際の海外ビジネスでも非常に有益なスキルとなっています。

 

40代、50代でのグローバル企業、外資系企業への転職や再就職でも、外国人を相手にした海外ビジネスで「また楽しめる!」という感覚で挑む事が出来ました。

 

英語学習に対する姿勢、そして努力する能力、それが私が事業をグローバル展開する日本企業に転職出来た2番目の要因であると考えています。

 

海外事業の経験値が会社に無いため適任者の採用基準が曖昧

私が新規海外事業展開を開始した日本企業に採用された要因の1つに、海外ビジネスの経験値が会社に無いため、その事業を海外で展開するには、どのような人材が最も適任者であるかの明確な採用基準が無かった事が挙げられます。

 

私が3社目に転職した会社は、まだ海外ビジネスに本格的に参入して日が浅い会社でした。

 

そのため取引のあった大手総合商社から、輸出先の国、そして顧客との取引経験のある商社マンが2名、派遣されていました。

 

それほどに人材が不足していたのです。

 

新規海外事業のための人員募集

会社側の経験不足で正確な採用基準がない

会社側の経験不足で
正確な採用基準がない

3つの国から、ほぼ同時に規模の大きい海外プロジェクトを受注した会社では、海外ビジネス経験者、外国に派遣され外に滞在し働く意志のある人材を集めるのが急務でした。

 

既に海外事業を展開して歴史のある企業であれば、経験者を優先して採用するでしょうが、私が転職した会社は新規に海外ビジネスに取り組み始めたばかりで、優先される採用条件は、業界での経験、海外で働く意志、そして英語の能力でした。

 

私が採用され転職に成功した要因の3番目は、新規の海外事業を展開による経験者求人であったが、会社側の経験値不足で明確な総合的な採用基準が無かったため、であると考えています。

 

どんな人材が適任者であるかの基準が会社に無かった

私の属する業界は一般の方には馴染みがない若干特殊な業界ですが、それゆえに業界経験者はさほど多くはありません。

 

この事は転職全体を考えた場合、転職先も限られてしまい決して有利ではないのですが、業界の経験者であり積極的に海外で働きたいという人材ともなれば、かなり限られてしまうのも事実です。

 

更に新規の事業展開であるために、大手総合商社の人材バックアップはあると言っても、それは主に契約関係のバックアップであり、既にプロジェクトを発注している顧客である外国企業の担当者と直接にコミュニケーションを取るのは業界の内容を良く知り、経験を持つプロジェクトメンバーでなければなりません。

 

私が即座に採用された理由の1つに、今から展開される海外ビジネスに最も適している人材の要件を会社側が把握していなかったため、とにかく業界経験者が欲しかった、という事情があると考えています。

 

新規海外事業展開での転職のチャンス

海外で働くことも選択肢に入れて海外事業を展開する日本企業やグローバル企業に転職する事を検討する際、自分が得意とする業界、業種の中で、新規の事業計画の求人を狙うというのは非常に良い手段です。

 

どんな求人にも該当するとは限りませんが、新規の海外事業展開の場合、採用する人数も多くなり、採用条件も緩やかになる傾向があります。

 

その理由は私のケースのように、どんな人材が最もその企業の海外事業に適しているのか、会社側も経験値が無いので正確に判断出来ないからです。

 

転職サイト、エージェント、そしてハローワークで扱う求人で、新規海外事業による人材募集には積極的に応募する事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク