30代・40代・50代以上の各年代ごと転職理由

中高年に多い転職理由に対応する求人が増え選択肢が広まる

当サイト管理人が、色々とお世話になった転職エージェントの方から入手したデーターで、30代・40代・50代以上の各世代の転職成功者の年代毎の転職理由をご紹介します。

 

 

30代で多い転職理由

  • 勤めていた会社と業界の将来に不安を持った
  • 違う仕事・業界に遣り甲斐を見つけた
  • 給与・待遇に満足出来なかった
  • キャリアアップし自分の価値を上げたい
  • 専門的な知識や技術を身に付けたい
  • 地元で仕事に就きたかった

 

30代は中高年と言える世代ではないかも知れませんが、組織の中では既にベテランの域とされます。

 

30~50代ごとの転職理由

30~50代ごとの
転職理由

転職エージェントの方に依れば、人生全般を見直し、将来を考え、キャリアアップ、スキルアップを目指した転職が多くなっているとの事でした。

 

また求人自体も、専門性を身につけた30代の転職に対応する求人が増加しているとの事でした。

 

40代・50代以上で多い転職理由

  • 勤めていた会社と業界の将来に不安を持った
  • 違う仕事・業界に遣り甲斐を見つけた
  • 会社が倒産した・リストラされた
  • 給与・待遇に満足出来なかった
  • 専門的な知識や技術を身に付けたい
  • 地元で仕事に就きたかった
  • 会社から正当に評価されていなかった

 

上記の中で、「勤めていた会社と業界の将来に不安を持った」は、40代・50代以上の中高年の転職理由では、常にトップとされるもので、更に年々増加しているとの事でした。

 

経済状況に依りけりですが、いわゆる「勝ち組業界」と、そうではない業界、更には会社業績の明暗が転職理由になっている事が分かります。

 

ただ、転職理由にも幅があり、尚且つ40代以上でも転職に成功しているという事実は、中高年が持つ専門性、管理職経験を求めるなど求人が幅広くなっている事を裏付けています、

 

社会の技能の専門化に伴い、40代、50代以上にも求人の選択肢が広がっていると私は考えます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク