年末年始の求人市場活性化時期に中高年が求人オファーを受けるには

求人市場が活性化する年末年始に職務経歴書でシッカリ自己PR

1年の中でも年末・年始の12月と1月は、求人・転職・再就職マーケットが活性化する期間です。

 

ハローワークや民間の転職支援サービスや求人サイトにも新規求人の数が増加します。

 

 

年末年始に求人数が増加する理由

最新の職務経歴書で

最新の職務経歴書で

12月・1月に求人数が増加する理由としては、以下の背景があると指摘されています。

  • 企業側が年度始めの4月に入社する採用を活発化させるため
  • 求職者が冬のボーナスを機会に転職を考えるため

求人市場が活性化している時期に中高年が、その他大勢の求職者の中に埋もれてしまわないためには、採用側に対して、より目立つアピールが必要となります。

 

その為には、職務経歴書をアップデートする事をお勧めします。

 

アップデートする際は、「中高年がより多くマッチする求人オファーやスカウトを受けるには」でもお伝えしているように、採用担当者の目にとまりやすくするため、付加価値があり、その時点での時勢に則したキーワードを織り込む事をお勧めします。

 

最新の職務経歴書でアピールする

上記の記事でもお伝えしていますが、転職支援サイトやエージェントに登録した職務経歴書は、アップデートで最新のモノに更新すれば、人材採用を検討している企業、またエージェント、ヘッドハンターの目にとまりやすくなります

 

支援サービス会社のサイトのシステムで多少違いますが、大多数の支援WEBサイトでは、求職者の登録済み内容が更新されると、その更新がすぐに分かるようになっています。

 

登録してある職務経歴書などを更新すると、転職支援会社のパソコン表示で、「更新」というマークが付いたり、上位に表示されたりして、すぐに更新が分かるようになっています。

 

彼等としても、求める人材について常に注意を払っており、マッチする人材として更新された職務経歴書がチェックされる可能性が高くなります。

 

もしも登録したままでアップデートをしていないならば、職務経歴書を見直し、採用企業やエージェントからのスカウト数増加に備えておく事を強くお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク