過去の転職に関する質問には前向きで一貫性を面接でアピール

過去の転職経験で採用担当者にマイナスイメージを与えない

私自身、転職回数が多い事を自覚しながら、中高年に成ってから更に転職、再就職を繰り返しています。

 

年齢が中高年の域に入れば、自分の転職回数が多い、それがネック、ハンディーキャップとなると感じている方も少なくないと思います。

 

過去の転職の背景と回数

中高年ならではの面接の心得

中高年ならではの面接の心得

一般的に外資系企業では比較的に転職の回数を気にしない、つまりハンディーキャップとしない傾向があります。

 

個人主義が基本の海外では、人材価値の高い人が転職で、より高い待遇を目指す事はプラスと受け止められており、外資系企業も同様の考え方をします。

 

能力や実績を持つ人が、即戦力としてヘッドハンティングされる事は海外では良くある事で、日本でも同様の傾向があります。

 

転職をした事実は履歴書、職務経歴書に記述されますし、求人に応募し面接となった時点で、それぞれの転職の背景、動機、理由を面接官から聞かれます。

 

また転職回数が多い人は、それを指摘されるケースもあります。

 

日本企業では、依然として転職回数の多さをネガティブに受け止める会社が多いのが現実です。

 

採用面接で、過去の転職に関して質問を受けた際にマイナスイメージを与えないために注意すべき事リクナビNEXTが記事として掲載していますが、その主な内容をお伝えします。

 

前向きで一貫性のある転職経験である事をアピール

面接官、または採用担当者が確認したいのは、採用してもすぐ辞めてしまうのではないか、という懸念です。

 

その懸念を払拭するような回答をするべきというアドバイスです。

 

前向きな転職理由を強調

過去の転職先の会社に感じた魅力などの前向きな要素をアピールすると良いとしています。また、後ろ向きな理由での転職だった場合は、正直に反省していると素直に述べることも良策としています。

 

一貫性のある転職

転職の動機に共通点が有り一貫性のある転職である事を伝えるべきとアドバイスされています。どんな動機でも、仕事への熱意を伝える事がポイントです。

 

面接での態度も重要

転職回数の多さを指摘されても、落ち着いて堂々とした態度でいることが面接では大切です。ですが、自信過剰な印象がマイナス評価になる場合もあるので、誠実に自分を伝えるという気持ちで臨むべきと指摘しています。

 

転職の動機についは、以下の記事も参考にして下さい。

 

応酬話法のYES・BUT法で回答をする

「どうして会社を辞めたのですか?」という質問は、採用を検討する会社側にとっても重要な質問で、その回答によって採用、不採用が決まる場合は少なくありません。

 

マイナスイメージを与えないような回答を事前に準備しておくことが最も重要ですが、例えば短期間で退職した場合など、「何故こんなに早く辞めたのですか?」と質問される場合もあります。

 

転職の回数が多い人であれば、「どうして何度も転職を重ねているのですか?」と聞かれる場合もあります。

 

その回答をする際、質問者に対して「いえ、それは…」と最初に否定をする言葉を使わず、応酬話法のYES・BUT法を取り入れた答え方で、先ず「YES」と答えて、その後に「BUT」で詳しく説明をするべきです。

 

「はい、短期間で辞めました」、「はい、何度も転職をしています」と「はい」から答えると印象を良くします。

 

但し、その後の「BUT」、つまり「しかし」に続く理由の説明に関しては、面接前に必ず回答を用意して、よどみなく回答が出来るように万全の準備をしておくことが大切です。

 

面接での受け答えのノウハウとして覚えておきましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク