転職・再就職活動の実際のスケジュールを立てる

中高年の転職・再就職活動ではより長い期間が必要となる場合がある

中高年という年齢層に関係なく、転職活動を開始して転職に成功するまでには、2~3カ月の期間が必要とされています。

 

漠然と転職を考えている中高年の方は、2~3カ月の期間を意識する必要はありませんが、今すぐに転職したい、または再就職をする必要に迫られている中高年の場合、3カ月後の転職を目指し活動スケジュールを立案する必要があります。

 

 

転職成功までに平均2~3カ月の期間が必要

転職スケジュールを作成する

転職スケジュールを作成する

若年層と比べて求人数でハンディーキャップを持つ中高年の場合、一般的な転職活動期間が長くなる可能性は高いと言わざるを得ません。

 

私自身の経験から言えば、すんなりと決まるケースもあれば、3か月以上の期間を必要としたケースもあります。

 

だからこそ、社会人経験の豊富さを活かして、書類選考や面接などの転職、再就職で重要な各ステージで、やるべき事や要注意ポイントを把握しスケジュールを立てる事が大切となります。

 

大手の転職支援サイト、また転職エージェントでは、以下のように具体的に転職スケジュールを立てる事、また各ステージで注意すべき事をアナウンスしています。

 

転職・再就職活動の各ステージに必要な期間

 

1, 事前準備 期間:1~2週間

先ず、転職活動の方向性を決める準備の時期に、以下の2つのことをしっかりと確認します。

  • 自分のキャリアの強み
  • 転職の目的

こちらのカテゴリー「辞職・転職の前に中高年が考えるべき事」も参考にして下さい。

 

2, 応募 期間:1~2週間

会社を選ぶ為の期間ですが、「転職に成功した人は平均11.2社に応募している」というデータもありますので、中高年の場合は、より多くリストアップしておくべきです。

 

3, 面接 期間:1~2週間×応募社数

面接が設定される期間で、求人に応募する1社ごとに事前に良く考え臨む為に、その会社の内部情報を持つ転職エージェントからのアドバイスを最大限に利用するべきです。

 

こちらの記事「転職支援サイト・エージェントの内部事情通の貴重で有益なアドバイス」も参考にして下さい。

 

4, 内定 期間:1週間

転職先の本命とした会社からの内定が出る前に、本命ではない会社から内定を貰った場合、その会社への回答を伸ばして欲しいとするケースもあるようですが、内定取り消しになる可能性もあるので、転職エージェントに相談して決めるようにするべきです。

 

上記の期間は、中高年という年齢層のみでなく、あくまでも全ての年齢層を対象にした平均値ですので、中高年の場合は、より長い期間が必要となる事は覚悟をしておく必要があります。

 

またその人が持つ職務経歴で、転職、再就職活動で有効となる戦略がそれぞれ違ってくる事もあります。

 

転職検討をスタートする時点で、上記のようなスケジュール立案にも、転職のプロのサポートを受ける事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク