中高年がより多くマッチする求人オファーやスカウトを受けるには

希望条件の登録と職務経歴書の見直しアップデートとブラッシュアップ

転職支援サイトや転職エージェントに登録しますと、登録した内容や条件にマッチすると思われる求人のオファーをメールや電話で受ける事ができます。

 

当然ながら、より多くの求人情報、またより条件や希望にマッチした求人オファーやスカウトを受ける事が有利に転職・再就職をする秘訣です。

 

とある転職エージェントから配信された、「より多くの希望に近い求人オファーを受ける」ために中高年がすべきことをお伝えします。

 

 

より希望に近い求人案内やスカウトを受け取る方法

求人オファーやスカウトを受けるためには

求人オファーやスカウトを
受けるためには

私自身も経験していますが、登録した転職支援サイトやエージェントからオファーされる求人が、

  • あまり自分にマッチしていない
  • スカウトを受けたが希望する職種と違っている

という事が少なからずあります。

 

中には、こちらの記事「求人と応募のマッチングは自分で勝手に判断せず転職のプロに任せる」に書いたように、自分でも気が付かない職種や類似した業種でのマッチングもあります。

 

ですから素人判断で「マッチしていない求人」と早計に判断するのは禁物ですが、しかし一目で「これはマッチする!」という求人オファーも欲しいものです。

 

転職支援エージェントによれば中高年の求職者が、より希望に近い求人案内やスカウトを受け取るためには、

  • 希望条件の登録と
  • 職務経歴書の更新

が必要としています。

 

希望条件の登録と職務経歴書の更新

転職支援サイトやエージェントからオファーされる求人案内、スカウトなどのオファーは、登録した「希望条件」と「職務経歴書」が求人情報にマッチした案内です。

 

そのため、希望条件の登録、職務経歴書の内容を充実させる事で、より希望に近い求人案内を受け取る事が可能となります。

 

また、ヘッドハンターが登録した職務経歴書の何に興味や関心を抱くか、職務経歴書の中のキーワードもポイントとなるとしています。

 

転職のプロに依れば、付加価値のあるキーワード、さらに時勢に則したキーワードは、ヘッドハンターや企業の採用担当者の目にとまりやすくなり、希望に近いスカウトを受け取る可能性が高まるとしています。

 

私自身、「不可抗力で失業し再就職が出来ない中高年は視野を広げる努力を」にもありますように、アップデートなキーワードに注目をして、自己PR資料をブラッシュアップしました。

 

転職・再就職支援サービスからオファーされる求人案内やスカウトにミスマッチを感じている中高年の方は、「希望条件」と「職務経歴書」を見直してみて、アップデート、ブラッシュアップする事をお勧めします。

 

尚、スカウトやオファーを1件でも多く受け取るための、転職支援サービスに登録する際のポイントを以下の記事以降でご説明していますので、是非とも参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク