求人オファーしてくれたヘッドハンターの方にメールを送信

ヘッドハンターとの直接コンタクトが可能となる

私は中高年の転職・再就職の情報収集のためにビズリーチに無料登録してあるが、それでも私の職歴、経歴にマッチすると思われる求人オファーがもたらされる。

 

以下が、私にオファーされた求人の一覧がチェック出来るビズリーチのページだ。

 

オファー求人一覧

 

ヘッドハンターに私のメールアドレスを記載しメールを送信

ヘッドハンターの方に、概ね以下の内容のメールを送信した。

 

既に会社を辞めて1年以上も経つ56歳の中高年の私にオファーして頂き、ありがとうございます。

 

申し訳ありませんが、現在SOHOに専念し軌道に乗りつつありますので、今回のオファーは辞退させて頂きます。

 

ビズリーチのサイト経由でメールを送信するが、私のメールアドレスを相手の伝えるかどうか、チェックを入れる箇所があったので、そこにチェックを入れて送信をすることにした。

 

また念の為、文面の最後にも私のメールアドレスを記載しておいた。

 

ヘッドハンターとの以降のコンタクト

前頁でもご紹介したが、今回私にスカウトメールを発信してくれたヘッドハンターの方は、ご自分のFacebookとLinkedInのアカウントも開示している。

 

勘の良い方なら既にお分かりと思うが、私のメールアドレスを相手に知らせる、さらに相手のFacebookやLinkedInのアカウントが分かっていれば、今後いつでも、そのヘッドハンターの方とコンタクトが取れるのだ。

 

よしんば相手が、Facebook等のアカウントを公示していなくても、ヘッドハンターのフルネーム、所属する会社名はすぐに分かる。

 

実際、かつて転職活動をしている際、私は何人かのヘッドハンターの方々とメール、また電話でコンタクトをし有益なアドバイスを頂戴している。

 

ビズリーチの活用のポイントは、ココにあると言っても良いだろう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク