英語が中級・TOEIC700点以上の中高年の転職

英語を転職後も活かすかどうか・英文レジュメの完成度を上げる

年収の多寡に係らず、英語能力が中級とされるTOEIC700点以上、またはそれに相当する英語レベルをお持ちの方の転職時の注意点をお伝えします。

 

中高年の場合、私のようにTOEICを受験した経験が無い方、TOEICの数値的なスコアーを持っていない方も少なくないと思われますが、英語能力レベルとしては、「自分の意思を自由に英語で表現する事が出来るレベル」をTOEIC700点以上とし、その英語レベルの中高年の転職の注意点についてお伝えします。

 

 

英語能力をフルに活かす仕事にするか否か

英語を活かす仕事にするか

英語を活かす仕事にするか

自分の英語能力を前面に出して、転職・再就職後もフルに英語を活用した仕事がしたいと考えるならば、外資系企業を選択肢に入れましょう。

 

特に中高年であれば、英語を使ったビジネス経験も若年層より豊富な場合が多く、その経歴が即戦力として活かす事が出来ますし、それを自己PRとするべきです。

 

但し外資系は、あくまでも外資です。

 

私も2社、外資系に転職した経験を持ちますが、日本に本社が無く、また良い意味での浪花節的な考えは一切通用しない会社でした。

 

外資系企業では高収入、高年俸が期待出来ると同時に、完全な成果主義である事、一般的に言われるように雇用関係が非常にドライである事は忘れないで下さい。

 

外資系を選択肢に加える加えないに限らず、履歴書や職務経歴書での自分の英語能力のアピールは不可欠です。

 

転職・再就職の初心者であれば、自己流の英語PRではなく、以下にご紹介する転職サービスを利用し、適切な英語レジュメ作成の指導を受けるべきです。

 

英語能力を評価する転職サービスの活用

転職支援サイト、転職エージェントの中でも、特に英語能力に関し注力してサポートを行う事が期待出来るサービスをご紹介します。

 

ロバート・ウォルターズ
当サイト管理人の転職を成功させた最もお勧めの外資系エージェント

 

JAC Recruitment
外資系専門・外国人からのサポートも受けられる

 

アージスジャパン
企業担当者からダイレクトに求人紹介・日系グローバル企業にも強い

 

リクルートエージェント
転職成功実績No.1でトップクラスの求人数

 

外資系企業からの求人に対しての自己PRは、基本的に日本企業へのPRと同じですが、会社規模が大きく世界中にグローバル展開している外資系企業の場合、求人に応募する際に提出する資料が、海外の本社に渡る場合があります。

 

また採用の最終決定も、日本国内にある組織ではなく、海外の本社組織で下されるケースが少なくありません。

 

そういった外資系企業ならではの手続きに正確に対応する方が、採用の可能性は高くなります。

 

応募書類の体裁なども採用されやすい整えられた英文書類にするため、ご紹介する外資系企業に強い支援サービスを活用しましょう。

 

ハローワークでの求人は少ない

地域にも依りけりですが、英語能力を有利に活用出来る求人は、私の体験から言って、地域密着型のハローワークにはさほど多くないと思われます。

 

ハローワークをメインにして転職・再就職活動をしている英語能力の高い方は、是非とも民間の転職支援サービスも併用する事をお勧めします。

 

英語を活かせる仕事は何も外資系だけではなく、現代のグローバル社会では様々な業種で見出せ、英語能力は依然と付加価値のあるスキルとして転職後に年収アップとなる可能性は高いと思われます。

 

製造業、販売、流通のみでなく、総合商社、専門商社も視野に入れるべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク