年収750万円以上だったが失業で早急に再就職したい中高年

選択肢と可能性を広げた再就職活動で年収の減額を最低限にする

年収が750万円以上であったが、リストラなど何らかの要因で失業し無職となり、再就職の必要性に迫られている中高年の方もみえます。

 

実際に私も経験しています。

 

 

たとえ年収がダウンしても前の年収を超える志を

当然ながら出来るだけ以前の年収750万円という待遇をキープしたい、年収が下がるにしても最低限の減額としたいと考えるのは当然です。

 

自分自身の自尊心、周囲に対するプライドもあるでしょう。

 

収入とプライド、そのどちらに重きを置くか、重要視するか、それも個人の考え方、生き様ですから、こうするべきという正解は無いと思います。

 

だからこそ出来る限り、以前の年収750万円を意識した再就職活動を行うべきだと考えます。

 

ビズリーチのコンシェルジュサービス

ビズリーチのコンシェルジュサービス

もし減額となる求人に応募するならば、どうすれば年収750万円に戻せるか、その方法論と計画を持つべきです。

 

年収が下がらない、またはアップする求人も豊富にあるのですから、それらを見逃さないという対策、求人に対してアンテナを張るという事も必要です。

 

私は年収800万円から、年収ダウンの700万円の転職エージェントのオファーに応募し転職をしました。

 

しかし、必ず年収を元に戻す、更に以前よりも年収をアップさせるという志を持って転職をしました。

 

選択肢と可能性を広げた再就職活動を

現在失業中で、尚且つ以前の年収750万円を意識した再就職活動を行うならば、転職支援サイトやエージェント、またハローワークを活用するのは当然ですが、更にハイクラス専門支援サービスも加える事をお勧めします。

 

特にハイクラス専門のビスリーチに登録する事をお勧めします。

 

ビズリーチに登録しているヘッドハンターからスカウトを受ける事で、管理職、専門職、グローバル人材の可能性と選択肢を広げる事が可能となり、年収750万円を超えた再就職も可能となります。

 

また経験豊富なヘッドハンターの方々から、精神的なサポート、有益なアドバイスを貰う事もあります。

 

私も実際に、心を支えてくれる暖かく力強いメッセージを幾つも頂戴しました。

 

ビズリーチ

 

とかく失業し無職となると、失意のあまり、適切な再就職活動が出来なくなる中高年も居ます。

 

また中高年であれば、再就職を1日でも早く決めたいと焦る気持ちになる事も分かります。

 

こちらの「辛い毎日のネガティブ思考の繰り返しと自分を責める日々」でご紹介しているように、私がそうでした。

 

ビズリーチは、日本の転職支援サイトでは初めて、求職者の悩みや相談に電話で対応するコンシェルジュサービスを提供しています。

 

会員登録後、職務経歴書の審査が完了すると、専属のコンシェルジュスタッフが状況や希望をヒアリングし、最適な利用方法を提案してくれます。

 

ビズリーチに無料登録し、3,400社以上の企業や1,300名以上のヘッドハンターからスカウトを受ける事をお勧めします。

 

尚、ビズリーチの以下の関連記事も参考にしてみて下さい。

 

中高年の転職と再就職活動でプロにサポートされた二人三脚経験を積む

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク