年収599万円以下 英語中級/TOEIC700点以上での転職

可能性を多角的に検討し人材価値を把握し転職で大幅な年収アップを

年収が500万円台で英語能力が中級レベルという条件ですと、年収600万円を超える年齢層よりも若い層も対象に含まれ、30代、そして40代、また一部50代も含まれると思われます。

 

 

市場価値の高い売り手市場の人材

大幅な年収アップが可能なハイクラス転職

大幅な年収アップが
可能なハイクラス転職

年収が500万円台以下ですと、管理職の経験が無い30代の方も含まれると思いますが、英語を活かして年収アップを狙い、外資系への転職を考える場合に注意して頂きたいのは、外国人を部下にして持った場合です。

 

日本人を部下に持つ場合とは違った取り組み方、指導の仕方が求められ、またその管理能力が大きく問われる場合がありますので注意して下さい。

 

ただ30代、40代であれば外資系でなくとも、TOEIC700点以上という英語能力を活かして海外事業の責任者として海外に駐在し、より評価される経験を積む事も可能です。

 

転職活動を機に、様々な分野、業種で自分の可能性を多角的に検討する事も出来ます。

 

非常に選択肢の多い、市場価値の高いレベル、売り手市場の人材と言えるでしょう。

 

求人が多く種類も豊富

売り手市場ですので、求人は多くあり、内容もバラエティーに富んでいます。

 

但し、やはりハローワークの公共の機関よりも民間の転職サービスの方が求人数は圧倒的に多く、その殆どが非公開求人となります。

 

もちろん転職で大幅な年収アップが可能ですし、そのための転職とするべきで、多くの選択肢から選べるクラスでもあります。

 

社会人としてベテランの領域に入り、指導能力も問われる年代ですが、同時に自分が経験した事のある分野のみに精通しているケースも少なくなく、マネージメント能力も含めて、自分の本当の人材価値を知らない人も少なくないようです。

 

専用転職サービスで自己の価値を再確認する

社会全体の求人動向、ニーズを把握している、またこのクラスの人材の転職を専門に扱うエージェントのサポートで、アップデートな自分の人材価値を知る事が出来ます。

 

近年では、それまで海外進出に消極的であった企業も、グローバル化の波に乗るべく海外での事業展開を計画するケースが増えていますが、それらの企業の新規事計画は、なかなかと表には出てこない情報であり、それに必要な人材募集も同様に非公開となるケースが大多数です。

 

新規の事業計画での人材募集で、TOEIC700点以上という能力を中高年が転職や再就職で有効に活用するには、転職支援サービスのアップデートな企業情報は不可欠です。

 

エージェントからオファーされる求人の年収、待遇、条件から自分の人材価値を再認識し、より有利でマッチングの高い求人に応募する事をお勧めします。

 

リクルートエージェント グローバル
年収599万円以下・TOEIC700点以上の方用

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク