再就職手当支給のハローワーク求人は転職サイトも扱う場合が

再就職手当が支給されるハローワーク求人は転職支援サイトでも扱う

私も30代での3社目の転職まで知りませんでしたが、ハローワーク紹介の求人で再就職をすると、「再就職手当」という、まとまった現金が支給される場合があります。

 

 

再就職手当とは

有り難いお金の再就職手当

有り難いお金の
再就職手当

再就職手当とは、失業手当の所定給付日数が残っている状態で再就職した際、残りの失業手当の金額の一部が支給されるものです。

 

簡単に言えば、早期に再就職が出来た場合、残っている失業手当の一部を再就職手当として支給するという制度です。

 

無職となり失業手当の支給を受ける際、例えば失業手当が10か月間支給されるとします。

 

この場合で失業から4か月で再就職できた場合、残りの6か月分の失業手当は受け取れないのではなく、再就職手当として受け取れるのです。

 

例えば、失業手当が90日間分支給される人が、失業認定を受けて50日で再就職が出来た場合、残っている40日間分は全く支給されないのではなく、その一部が再就職手当として支給されます。

 

再就職手当は、早く再就職するほど多い額が支給されます。

 

詳しくは以下の資料を参照して下さい。

 

再就職手当のご案内

 

ハローワークと転職支援サイトの両方で扱う求人かどうかチェック

再就職手当はハローワークが扱う求人での再就職が対象です。

 

しかし、これは私の実際の経験ですが、私が30代で転職した会社は、あくまでも知人の紹介での転職でしたが、ハローワークにも求人も出していたのです。

 

企業が人材を募集する際、転職支援サイトやエージェントに依頼し求人を出し、更に同時にハローワークにも求人を出すというケースが多々あります。

 

つまり転職支援サイトで扱う求人は、ハローワークでも扱っている求人である可能性があるのです。

 

特に全国展開をしている会社や事業では、民間の転職支援サービスとハローワークの両方で同時に求人をする場合があります。

 

中高年でリストラなどで失業した際など、やはりお金の事は最大の関心事となります。

 

再就職手当は、まとまった金額ですので、非常に助かるお金です。

 

自分にマッチする求人を見つけ応募する際、再就職手当の支給の可能性があるハローワークで扱っている求人であるかどうか、念の為にチェックされる事をお勧めします。

 

転職支援サイトからの応募採用の場合は再就職手当は支給されない

同じ求人を転職支援サイトでもハローワークでも両方で同時に取り扱っている場合、採用されて支給される再就職手当は、あくまでもハローワークから紹介を受けた求人でなくてはなりません

 

早い再就職ほど多く支給される再就職手当、同じ求人であればハローワーク経由で応募する方がお得ですので、注意をするようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク