ハローワークでの待ち時間を短縮し早く紹介を受ける裏技

求人企業の詳細情報・求人企業名等を含む詳細情報を自宅で印刷し持参

今後の日本の景気動向で有効求人数が、どうなるかに拠りけりでしょうが、景気が悪く失業者が増加する場合は当然ですが、好景気でも定年退職後の再就職希望者で、いつもハローワークには大勢の人が集まります。

 

ハローワークに出向き受付をし、求人を検索し、良い求人を見つけ求人票をプリントアウトし、再度面談の受付を済まし順番待ちをする…

 

この順番待ちですが、混んでいる時など1時間以上かかる時もあります。

 

この無駄な待ち時間を少なくする、要領の良い裏技的な方法を紹介します。

 

 

長い順番待ちの時間を短縮する

ハローワークでの待ち時間短縮方法

ハローワークでの
待ち時間短縮方法

地域によって多少の手順の違いはあると思いますが基本的な求人応募の手順として、ハローワークの求人案件に対して応募をするには、応募したい「求人公開カード」をプリントアウトし、それを自分のハローワーク登録カードと共に、受付に提出します。

 

受付に受理された人から先に呼ばれ、自分の順番が来て名前を呼ばれ、職員との面談が始まり、そこから実際の「紹介」がスタートします。

 

自分よりも先に求人公開カードを提出した人が多い場合はかなり待たされます

 

混雑する時など、数時間ということもありますが、この待ち時間を短縮する方法です。

 

私が実際に行ってOKだった方法

殆どの方が今では自宅にパソコン、プリンターを持ってみえると思います。

 

この「求人公開カード」の代わりとなる「書類」を自宅で準備、つまり自宅でプリントアウトしてハローワークに持って行くという方法で待ち時間の短縮が出来ます。

 

自宅のパソコンで検索して出てきた画面の「求人情報詳細」の画面、もしくは「求人情報詳細(印刷画面)」、これを自宅でプリントアウトしてハローワークに持参し、ハローワーク登録カードと共に、「受付」に出します。

 

つまりハローワークに到着したら、すぐに受付を済ませることが出来るのです。

 

こうすれば、ハローワークでの検索、プリントアウトの時間も節約出来ます。

 

多くの人で混雑している際にお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク