中高年の転職・再就職 - ハローワークの非公開求人を閲覧するため登録を

ハローワークの非公開求人を閲覧するには登録が必要

ハローワークの求人情報は自宅でも入手出来ます。ハローワークのサイトに行き希望する勤務地域、収入、業種を入れれば自宅のパソコンで求人検索する事が出来ます。しかし人非公開求人を見るにはハローワークに登録をする必要があります。

転職支援サイトと同様にハローワークにも非公開求人がある

ハローワークに登録されている求人情報は、インターネットで検索が出来ます。

 

希望する「勤務地域・収入・業種」を入力すれば自宅のパソコンで、どんな求人があるのか検索する事が出来ます。

 

ハローワークの求人情報は自宅でも入手出来るが…

 

ハローワークにも非公開求人

ハローワークにも
非公開求人

しかし、それらの求人はあくまでも「公開」の求人情報のみです。

 

民間の転職支援サービスのWEBサイトに行きますと、よく「まだまだ非公開求人があります!」と書いてあります。

 

その転職支援サービスに登録することで、それらの非公開求人を見る、また応募が出来るというものですが、これはハローワークでも同じなのです。

 

インターネット検索に出てこない、「非公開」求人もハローワークの求人案件にはあります。

 

ハローワークに登録すれば非公開求人情報が入手出来る

 

非公開求人を見るにはハローワークに出向き、登録をする必要があります。

 

登録後、個人個人に与えられる「求職番号」と呼ばれるIDナンバーを手にすれば、自宅のパソコンでも非公開求人を閲覧する事が可能となります。

 

ですから、民間の転職支援サイトだけではなく、ハローワークにも必ず登録をし、全ての求人がチェックできるようにしましょう。

 

ちなみにハローワークの登録は、会社を辞めた人だけが登録出来るのではありません。

 

会社勤めをしていても、つまり在職中でもハローワークに登録は出来ます。登録を済ませ、求人情報の全てを入手出来るようにしましょう。

 

前のページ 次のページ

お勧め転職支援サービスと特長


リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは転職者の8割が利用する、新着求人が毎週1千件以上、独占求人85%、正社員求人が90%の取引社数5万社以上の転職サイトです。求人情報だけでなくスカウトやオファメール機能、転職ノウハウコンテンツなど、転職・再就職活動で最低限登録し活用すべきサービスです。



キャリアカーバー(リクルート社)

キャリアカーバー(リクルート社)

キャリアカーバーは、自分に合うヘッドハンターが見つけられるハイクラス転職支援サービスです。ハイクラスでエグゼクティブ向け求人情報を保有するヘッドハンターからスカウトが受けられます。中長期で転職を検討する中高年にもお勧めで、直近の年収が600万円以上の方限定です。



リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、30万人以上の転職成功実績で個々の転職支援でNo.1を誇る転職エージェントです。専任キャリアアドバイザーが業界や企業情報の提供、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策から年収や待遇の交渉までの支援を行います。最多の10万人の非公開求人を扱うエージェントです。



パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは満足度96%以上で業界トップクラスの3万件以上の求人を誇り、専任アドバイザーがマンツーマンでサポートする転職エージェントです。スキルや経験だけではなく志向性や社風との親和性も含めた転職先提案で、ベンチャーから大企業まで多岐にわたる紹介が可能となっています。



ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは会員数43万人以上の国内最大級の会員制転職サイトです。管理職、専門職、グローバル人材、ハイクラス求人など中高年向きの求人情報を提供し、さらに国内外の企業と審査基準をクリアしたベテランのヘッドハンターが登録会員の職務経歴書を見て直接スカウトを行います。

ハローワークの非公開求人を閲覧するには登録が必要 関連ページ

地域密着型ハローワークならではの求人・人材募集情報のメリット
ハローワークは無料行政サービスであることから資金に余裕の無い中小企業でも利用されやすくなっています。そのため転職支援サイトで扱っていない求人で、中高年向きの求人も多くなっています。転職サイトと併せて活用すべきです。
ハローワークのブラック企業求人とプロ不在というデメリット
ブラック企業の新卒求人をハローワークが拒否できる青少年雇用促進法案施行の背景には、ハローワークでのブラック企業求人の多さがあります。ハローワークにブラック企業の求人が多い背景と注意点を、私の経験も踏まえてお伝えします。
ハローワークでの待ち時間を短縮し早く紹介を受ける裏技
ハローワークでの無駄な待ち時間を少なくする、要領良く求人に応募し紹介状を発行してもらう方法を紹介します。求人情報詳細の画面を自宅でプリントアウトしてハローワークに持参し、自分の登録カードと共に受付に出すという方法です。
求人番号を控えハローワークで複数の求人に応募する時間を節約
ハローワークで1社だけでなく、複数の会社の求人に応募する際の時間短縮方法をご紹介します。求人情報詳細を自宅でプリントアウトし受付に提出し、ハローワーク職員との面談時に、その他の会社の求人番号を伝えれば紹介して貰えます。
再就職手当支給のハローワーク求人は転職サイトも扱う場合が
再就職手当は失業手当の所定給付日数が残る状態で再就職した際に、残りの失業手当の一部が支給されますが、支給対象はハローワーク紹介求人での再就職です。しかし転職サイトと同じ求人がハローワークで紹介されているケースもあります。
退職理由の会社都合と自己都合の最終認定はハローワークで
中高年の退職者にとって会社を辞めた理由が自己都合か会社都合かは失業保険の給付日数、待機期間などの違いで大きな差が生まれるため、非常に重要な要素です。退職理由の最終的な認定はハローワークで行われますので注意が必要です。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead