求人番号を控えハローワークで複数の求人に応募する時間を節約

求人番号をハローワーク職員に伝えればその場で確認し紹介状を発行

私自身、40代、50代で求人情報を探している時は、ほぼ毎日、登録した転職支援サイトでの求人をチェックし、転職エージェントからのメールをチェックし、更に職務経歴書を見直したりなど、いくら時間があっても足りないと感じたものでした。

 

当然、ハローワークでの無駄な待ち時間も短縮したいと考えました。

 

 

複数の求人に応募したい場合

またハローワークでの求人検索自体、指定された時間、持ち時間が設定されているので、出来れば自宅でゆっくりと検索したいと感じたものでした。

 

ハローワークが人で混んでいる時などは、検索をするパソコンの利用自体が数時間待ちなんてこともザラです。

 

先のページで、自宅で「求人情報詳細」をプリントアウトしてハローワークに持参することをお勧めしましたが、複数の求人に応募したい場合、ハローワーク職員に紹介状を発行して欲しい場合、「求人情報詳細」に記載されている「求人番号」だけを伝えることでもハローワーク職員は対応してくれます。

 

「求人番号」を控えてハローワーク職員に伝える

求人番号を控える

求人番号を控える

以下にご紹介する経験談は、私自身が2013年12月に実際にハローワークで行った事です。

 

求人に応募したい1社の求人票のみプリントアウトして、その他2社は、「求人番号」だけ控えて、ハローワークの職員と面談する際に、その番号を伝えました。

 

するとその場でハローワーク職員はパソコンに「求人番号」を入力し、私にモニターを見せて「この求人ですね?」と確認。

 

私が、「はい、そうです」と答えると、その2社の求人票をプリントアウトしてくれ、その場で先方に電話してくれ紹介状を発行してくれました。

 

ですから、お目当ての会社の「求人情報詳細」を1枚自宅でプリントアウトし、もし他にも候補があればプリントアウトして持参する、または「求人番号」を控えておいてハローワーク職員に伝える、こうすればかなりの時間短縮が可能です。

 

この方法は、複数の求人に応募したい際に、かなりの時間節約になりますのでお勧めです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク