地域密着型ハローワークならではの求人・人材募集情報のメリット

ハローワークに集まる中小企業からの求人案件に中高年向き求人が多い

本サイトの前カテゴリー「ハローワークと転職支援サイトの違い」では、ハローワークと民間の転職支援サービスサイト、エージェントとを比較して、ハローワーク求人の注意点、リスク、またハローワーク自体の支援で劣っている点を、いくつか指摘していますが、ハローワークも利用は無料ですし、転職支援サービスで扱っていない求人が多々あります。

 

民間の転職支援サービスは、求人をする会社にとっては有料のサービスですから、費用をかけずに求人をしたい場合、企業はハローワークを利用します。

 

それらの求人は転職支援サービスでは取り扱わないので、ですから大いに積極的にハローワークも利用するべきです。

 

 

地域密着

ハローワークは地域密着

ハローワークは地域密着

ハローワークの利用では転職支援サイト、エージェント会社のサービスに、ひけを取らないメリットがあります。

 

それは、「地域密着型」であるということです。

 

自分の住む町、住む地域から、出来るだけ近いところで働きたいと考える方には、ハローワークの求人案件の中に、希望にピッタリな求人がある可能性があります。

 

土地勘があるので、求人をしている会社の住所から、その企業がどこにあるか、どんな環境なのか、すぐに判明するでしょう。

 

求人・人材募集情報の多さ

また扱い件数の多さ、新規求人情報が早く手に入る、という面もハローワークならではでしょう。

 

転職・就職に際して成功報酬のお金の支払いが成される民間の転職支援サイト、エージェント会社に、資金の関係からお金をかけた人材募集が出来ない中小の企業からの求人案件がハローワークに依頼されます。

 

このような中小企業からの求人案件の中に、中高年にマッチした案件を見つけることが少なくありません。

 

また中小企業に限らず、大手の企業が支社などの人員補強、新規事業所開設のための人員募集を、地域限定で行い、求人をハローワークに出すケースもあります。

 

繰り返しますが、必ずハローワークの求人案件も必ずチェックするようにしましょう。

 

ハローワークでは、申し出れば自己分析の方法、履歴書の書き方、面接のマナーなども指導してくれます。

 

やはり、ここでも人と人とのコミュニケーション、ハローワークの職員と良好な人間関係が構築できたならば、それは必ず自分のメリットとなるでしょう。

 

ハローワーク以外の公的な就職支援

ハローワーク以外でも、就職・再就職の支援を行う公的機関はあります。地域で、それぞれ違いますが

  • 商工会議所:登録企業と求職者の橋渡しをする部署でハローワークと合同で説明会をする場合がある
  • 就業支援センター:各市町村の役場に設けらるセンターで家族構成や年齢で担当センターが違う場合がある
  • その他の自治体独自での支援サービス:ハローワークの外部組織である場合が多い

があります。当サイト管理人も3つ目のハローワークでの就職支援で、中高年のみを対象とした支援サービスに登録をした経験があります。

 

詳しくはハローワークにて問い合わせるようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク