失業保険は再就職が難しい中高年ほど厚く優遇される

会社都合の離職は失業保険がすぐ支給され支給総額が増える

失業保険は正式には雇用保険と言いますが、退職後に失業給付金をもらうための保険です。

 

失業保険は無職になれば自動的に支給して貰える訳ではありません

 

勤務していた会社から発行される離職票を持参し、ハローワークに行き手続をする必要があります。

 

 

失業保険を受け取る手続き

失業保険での優遇

失業保険での優遇

失業保険を受け取る手続きは簡単で、以下を持参してハローワークに行き、指示に従い手続を済ませるだけです。

 

  1. 離職票 : 在職していた会社から受け取る
  2. 雇用保険被保険者証 : 在職していた会社から受け取る
  3. 証明写真 : 縦3cm×横2.5cmを2枚
  4. 本人確認証 : 転免許証など
  5. 印鑑
  6. 通帳

 

以下のハローワークのサイトも参考にして下さい。

 

雇用保険手続きのご案内

 

会社都合に適応される失業保険の優遇措置

自己都合退社と違い、会社都合での失業者には以下の優遇措置が適応されます。

  • すぐに失業給付金が受け取れる : 自己都合では支給まで3か月の待機期間があります。
  • 給付期間が長くなる : 失業保険の総額が自己都合よりも1.5~2倍に増えます。

上記の失業保険の給付期間、つまり失業保険の最終的な総額は雇用保険に加入していた年数と、本人の年齢で違ってきます。

 

ただ会社都合という離職理由の性格上、高齢となるほど優遇される幅が広くなっています。

 

つまり再就職が難しくなる中高年、高齢な人ほどより厚い優遇をする仕組みとなっています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク