転職エージェントが持つ興信所レベルの詳細な内部情報の具体例

転職エージェントがビジネス目的達成で収集する詳細情報を活用

私を実際に転職成功に導いてくれた、とある外資系を専門に転職支援するエージェントについて、彼が如何に優れたエージェントであったか、私の転職を成功に導いてくれたか、具体的な私の経験談をお伝えします。

 

 

詳細な個人情報まで把握していたエージェント

経営者の個人情報も熟知する転職エージェント

経営者の個人情報も
熟知する転職エージェント

こちらの「転職支援サイト・エージェントの内部事情通の貴重で有益なアドバイス」にも私が受けた有益な情報をお伝えしていますが、そのエージェントは転職候補の会社内部、特に幹部、経営者について興信所のように詳細を把握していました。

 

書類審査が合格となった外資系求人で、私の面接相手は会社代表でしたが、担当の転職エージェントは会社代表の趣味嗜好は当然ながら、人に対する嗜好の情報として

  • 前回の転職成功者に対してどういう評価をしたか
  • 逆に不採用であった求職者に対してどういうマイナス評価を下したか
  • 会社内でどういった人物を優遇しているか
  • 逆にどういった人物を相容れないか

などを把握していて、それはその会社内で働く従業員よりも詳しくて正確な情報でした。

 

さらに会社代表の、今までの社内での経歴や実績、役員や従業員からの評価、更には

  • 家族構成
  • 子供の勤務先や仕事内容
  • 乗り継いでいるクルマのメーカーと車種
  • 最近に行った旅行先

など、まるで興信所のようにプライベートな事柄まで情報として持っていました。

 

転職成功させてなんぼのビジネス

面接をし最終的に採用と不採用を決める立場のキーマンの事を、これだけ調べてあり、それらの情報提供を求職者が受けるという事が、どれほどメリットとなるか、お分かりになると思います。

 

逆に言えば、それら面接相手、採用の最終決定をする相手の事を何も知らず、無為無策で挑む事が、如何に不利であるかと言えるでしょう。

 

転職エージェントは、

  • 求人にマッチングすると思う求職者を選び
  • 求人応募をオファーし
  • 転職や再就職に求職者と共にチャレンジし

就職成功させてなんぼのビジネスです。

 

成功させるために、あらゆる努力を惜しみません。

 

決して潤沢にあるわけではない中高年向きの求人チャンスで、後悔などしないように、必ず転職エージェントを活用するようにしましょう。

 

中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」でご紹介のエージェントへの登録をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク