中高年の私の転職エージェント担当者との面談体験

私の転職エージェント担当者との面談体験

中高年の私が転職活動をしていた際で、大手の転職エージェント「リクルートエージェント」を利用した体験談を紹介します。

 

登録している転職求人サイトのマイページに、リクルートエージェントから、連絡をもらったのがきっかけでした。

 

 

転職エージェントでの面接に臨む

転職エージェントのオフィースの窓外の東京駅

転職エージェント
オフィースの窓外の東京駅

WEB上で簡単なプロフィールを登録した後、リクルートエージェントでの面接の日程を予約しました。

 

リクルートエージェントは登録者、また応募者も多いようで、面接時開始時間に10分以上遅れる場合は、改めて別日程となりますという注意がありました。

 

10分おきに面接の予約が入っているとは、少々驚いたのが素直な気持ちです。

 

面接に指定された場所は、東京駅の丸の内側にある高層ビル内のオフィスで、眼下に見える東京駅や、遠くまで見える都内の風景のおかげで、気持ちよくエージェントの方との面談に臨めました。

 

受付も清潔感が漂い、女性の受付担当の方々も含め非常に丁寧な対応でした。

 

担当者との面談・打合せ

面接場所は、50部屋以上あると思われるフロアーの、3畳ほどの部屋で、転職エージェントの担当者と1対1の会談となります。

 

ちなみに、この日は暑かったので、冷えたペットボトルのお茶を差し入れしてくれるという、その担当者の心遣いがあり、スマートさを感じました。

 

面談の内容は私から、

  • 自分の今までの仕事内容
  • 業界の特徴
  • 私の実績
  • 自己PR

などを説明した後、

  • 今後の志向性
  • 希望
  • 条件

を話しました。

 

担当のエージェントの方からは、転職エージェント利用の事務的な話を聞かされ、面接時間は約40分ほどでした。

 

その担当者の方は、言葉遣いがとても丁寧で優しそうな男性、しかし転職・再就職支援のプロとして信頼出来る、キャリアを持っている方でしたので、こちらも落ち着いて話すことができたのが印象として良かったです。

 

帰宅後、転職エージェントの指定フォーマットに沿った、詳しい履歴書と職務経歴書を提出しました。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク