転職エージェントの民間ならではのサービス・情報・求人オファー

転職エージェントのハローワークで受けられないサービスと求人情報

転職・再就職先を探す方法として、かつては自ら求人サイトやハローワークを利用し求人を自ら探し応募するのが一般的でした。

 

もちろん、その方法は今でも有効で利用、活用するべきですが、しかし最近は、求職者と採用活動をしている企業との仲介役である転職エージェントを利用する人、並びにヘッドハンターからスカウトされ転職をする人が増えています。

 

企業がピンポイントで限定されたキャリアやコアスキルを持つ人材を欲する場合、広く一般から人材を募集するのではなく、エージェントに特定した人材紹介を依頼するケースが多くなっています。

 

それゆえ、中高年での転職、再就職活動で転職エージェントを活用するのは必須と考えましょう。

 

 

特定の業種や企業とパイプを持つ転職エージェント

民間ならではの強み

民間ならではの強み

転職エージェントは民間企業で、特定の業種や企業とパイプを持っていたり、前職は民間企業の人事課にいた職員がいますので、公共機関であるハローワークでは受けられないようなきめ細かいサービスや関係者しか知りえない情報を得ることができます。

 

こちらの私の転職体験記「外資系転職支援スタッフとの有意義な打ち合せと第1回目の面接」でもお伝えしているように、優秀な転職エージェントは求人をする会社代表の性格、好みを把握し、また嫌いなタイプの人間などを知っていたりします。

 

転職エージェントを利用するためには、登録制となりますが登録も利用も完全に無料です。

 

流れとして、WEB上で連絡先などの個人情報や職務経歴を登録してから、転職エージェントのオフィスに足を運び、担当者と面談となります。

 

その後にメールで定期的に求人情報が送られてきて、興味のある企業に応募するかたちになります。

 

応募の意思をエージェントに伝えれば、採用に向けての様々な個人サポートが開始されます。

 

応募を断っても無理強いされることは全くなく、また違う求人紹介をしてくれます。

 

エージェントとの面談の場で求人紹介がある場合も

また転職エージェントとの面談の場でマッチした求人を紹介してもらえることもあります。

 

その際、求人の仕事内容や待遇などの情報は教えてくれますが、企業名は応募してから担当者から連絡があるというケースもあります。

 

紹介してもらった求人に応募してみたいと思ったら、転職エージェントにその旨を伝えます。

 

エージェントが企業に応募者の職務経歴書を送り、面接に進めるか否かの返事もエージェントを通じて連絡が来ます。

 

応募先の企業が求人者と会ってみたいとなった場合、エージェントのコーディネーター ( 面談してくれた職員とは違う場合があります ) と企業まで行き、面接の場に同行してくれる場合もあります。

 

そして合否も転職エージェントを通じて連絡がきます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク