転職理由と自分の性格を再確認し転職先との折り合い点を検討

転職候補の規模と歴史で折り合い点を多く見いだせる会社を優先

中高年の転職先・再就職先選択では、会社の規模と歴史の違いで、それぞれメリットとデメリットがありますが、ならば会社の大小、歴史の長短でどちらを優先するべきでしょうか。

 

 

自分自身を客観的に分析する

折り合い点をチェックし優先する

折り合い点を
チェックし優先する

私は、

  • 転職する理由・原因
  • 自分自身の性格

で考えるべき、結論を下すべきであると考えます。

 

転職する理由・原因

何故今の会社を辞めるのか、何を求めて転職するのかを明確にし、それに対する心構えを強固にし、最終候補を選べば新しい就職先選びの失敗が少なくなると考えます。

 

収入が目的であれば、どんな事が起きても給料が支給される限りは耐える決心が必要でしょう。

 

遣り甲斐のある仕事を求めての転職、希望する業務を行いたいという動機であれば、それが実現できる会社の規模と歴史を検討するべきでしょう。

 

自分の性格

さらに問題やトラブルが発生した際の自分の行動パターンを客観的に把握しておくとこも転職・再就職先選びの失敗を避けるための方法です。

 

例えば人間関係に関して問題が起きた時、人間関係で悩みを持った時、

  • 自分は親しい人に必ず相談をして決めるタイプであるか
  • はたまた自分独自で結論を出すタイプであるかどうか。

業務を与えられた時、指定された仕事に就いた時、

  • それまでの社内の風習を見直し必要に応じて刷新して進めていく改革タイプか
  • または既設のレールに沿って淡々と仕事をこなすタイプかどうか。

それらを客観的に自己分析するべきです。

 

会社と自分の折り合い点で決める

会社のキャラクターやカラーを、新参者の転職・再就職者が変える事は簡単ではありません。

 

たとえ「新風を吹き込む」事を期待されての就職であっても、一朝一夕で成し得る事は不可能であり、また反対派の従業員が居るかも知れません。

 

同時に、中高年の転職者が自分の性格、物事の進め方を変えるのも、また簡単でもありません。

 

つまり、会社のキャラクターと自分のキャラクターを、どこでどう折り合いをつけるか、メリット面とデメリット面の両面に於いて、その折り合い点がより多く見いだせる会社を優先して選ぶ方が、安全で失敗のない転職、再就職になると、私は考えます。

 

会社勤務を含めて、この世で生きていく上で妥協は不可欠です。

 

折り合いを付けて妥協出来る範囲なのか、妥協が不可能なレベルなのか、転職・再就職先を決める際には、慎重な上にも慎重に検討をするべきです。

 

転職支援のプロに依頼し、候補の会社の内外の情報を1件でも多く集め、判断材料としましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク