副業をスタートし将来の再就職が出来ない事態に準備を

中高年が将来再就職出来ないという事態に備える為の副業を

中高年の年齢となり、自ら転職を長期的に計画し検討する事が出来る人は、社会人としてそれなりの自信と実績を持つ人でしょう。

 

しかし中には、全く予期しなかった、予測も出来なかった要因から、退職せざるを得ない状況、失業し無職となる中高年も少なくありません。

 

長期的な転職計画には、そのような不測の事態に対する準備も含めておくべき、そういった時代であると私は考えます。

 

中高年で無職となるリスク

副業で失業リスクを回避

副業で失業リスクを回避

退職し失業し、望まなかった無職という状態となり、しかし転職、再就職が決まらないというケースも少なくない、また将来、そういう事態に陥らないとも限らない、中高年であれば、そこまで考えて準備をする必要があると私は思います。

 

止むを得ず職を失う、しかし容易に再就職が出来ないリスクを持つ中高年、ならば自分自身で今何をすべきか…

 

先にご紹介した、有利な技能を身に付ける、資格を取る、職務履歴を充実させるという事もお勧めで有効な手段ですが、それを以ってしても再就職が決まらない、出来ないという事態も十分に考えられます。

 

また現実として、そういう職を求めても叶わない無職の中高年が少なくないもの事実です。

 

会社員として働く事が叶わないならば、自ら収入を得なくてはなりません

 

私が選んだアフィリエイトという副業

収入を得る為に、自らどういう行動を起こすべきか…

 

自分の持つ能力、条件、環境の中で何が出来るのだろうか…

 

よしんば定年まで無事に勤め上げる事が出来たとしても、年金だけで満足出来る老後が暮らせるのだろうか、そもそも年金の支給はアテになるのだろうか…

 

私は会社勤めをしながら考えました。

 

会社員として会社勤務を続けながら、費やせる時間を自由にアレンジ出来る副業…

 

そして、ゆくゆくは小遣い稼ぎレベルでは無く、現在の年収を超える利益を上げられる副業…

 

私は会社員時代から副業として、資本が殆ど要らない、リスクが極めて低いアフィリエイトをスタートしました。

 

詳しくは私のサイト「アフィリエイト 生涯のビジネスとチャレンジ」で経緯などをお伝えしていますが、終身雇用という習慣が事実上崩壊し、リストラが日常茶飯事となりつつある時代です。

 

検討する、実行するかどうかは個人の判断ですが、中高年となり再就職が思うように出来ない事態に備えて、今から副業を検討し、勉強も含めてスタートしておく、個人事業へ転職するという事を選択肢に加える事も「準備」の1つと私は考えます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク