中高年ならではの価値の高い人間関係構築スキルを磨く

自分に関わる全ての人との関係を良好で堅固なものに構築する

前ページまでは、中高年の転職準備で内的に行う要素をお伝えしましたが、ここからは外的な要素として、自分を取り巻く環境に対して準備として行うべき事を紹介します。

 

中高年の長期的転職準備の外的な行動としてお勧めするのは、人間関係の構築です。

 

将来の有利な転職・再就職に備え、自分と関わる全ての人との人間関係を、より一層良好で堅固なものにするように努めるべきです。

 

 

生涯に渡り有益となる人間関係の構築

いつの世でも重要な人間関係

いつの世でも
重要な人間関係

現在勤務している会社と取引関係のある会社の人は、顧客であれ、仕入先であれ、親会社、子会社、関連会社でも自分に関わる全ての人との人間関係を更に良好で堅固なモノに築きあげるべきです。

 

こちらの「中高年が持つ人脈を頼り情報の網を広げ転職・再就職の紹介を依頼する」、また「転職支援担当者から50代前半の転職活動の冒頭に受けたアドバイス」でお伝えしているように、人脈は必ず将来の転職・再就職での有形、無形の財産、助けになる筈で、また同時に自分自身が人間関係の良好な構築というヒューマンスキルを磨く事も出来ます。

 

人間関係の構築スキルは、やはり身に付ける技能として生涯に渡って有益なものとなります。

 

まさに中高年ならではのスキルで若年層よりアドバンテージとなるモノです。

 

プラス情報もマイナス情報も入手し活用する

人間関係の構築を広げる事は、「信頼出来る同業・関連業界の知人・友人に相談・情報収集」でお伝えしているように、求人などの情報収集にも役立ちます。

 

自分が勤める会社以外の企業で、新しい事業を展開しようとしている計画がある、そしてそれに求められる人材、人員に関する情報を入手する事は、長期の転職活動に於いて非常に重要な情報です。

 

またマイナスの情報も大切で、例えば関連会社の人員整理、リストラ情報などをいち早く入手出来れば、それに対する対策、手段を早めに打つ事も可能となります。

 

自社の社内広報だけではなく、関連企業や取引先の社内報も入手可能なものは全て手に入れ情報を入手し、関係が構築出来ている人物からも裏付け情報を入手すれば、更に万全でリスク回避につながります。

 

そして転職支援サービスサイトの担当者、エージェント、ヘッドハンターともコンタクトを密にして人間関係を作り上げれば、予定した転職を有利に、そして満足できるものに成功させる可能性が飛躍的に高くなるでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク