中高年の転職で有利な職務経歴の最新情報を入手

中高年の類似関連業界転職時に有利な職務経歴へのアドバイス

中高年の長期的な転職計画の準備で、転職支援サイトやエージェントを活用し、自分のキャリアが活かせる事が出来る可能性を持つ業界を把握したならば、次に行うべき準備は自分の社会人としての更なるブラッシュアップです。

 

 

プロから受ける有利な職務経歴のアドバイス

転職のプロの最新のアドバイス

転職のプロの
最新のアドバイス

こちらの「将来転職を考える中高年は職務経歴書に追加するスキルを就労中に得る」でもお伝えしていますが、転職を長期的に計画するのであれば、

  • 職務経歴書で自己PR出来る経験を前もって積んでおく
  • 身に付けるべきスキルを設定し学習しておく事が可能です。

ですが素人考えでは、どんな職務経験が転職や再就職に有利であるのかを判断するのは非常に困難です。

 

更には、自分が既に持っている経歴が、より一層付加価値の高いモノとなる経験やスキルは何なのかを判断する事も簡単には出来ません。

 

何よりも、客観的に判断する事が困難です。

 

中高年が再就職に成功する人材の価値は社会が決め変化する」でもお伝えしていますが、キャリアやスキルなどを含めた人材価値の評価は、主観的ではなく客観的なモノでなければ意味がありません。

 

先にもお伝えしているように英語・英会話の能力は誰が見ても有利な能力で分かり易いものですが、個々の業界、業種、職種、さらには求人募集となる部署、役割、業務、及びその時の社会の景気動向でも、転職に有利なキャリアや経験は変わってきます

 

どの業種や業務で、どんな経験やスキルが転職で有利になるのか…

 

その情報も転職支援サービスサイトの担当者、エージェント、ヘッドハンターから情報収集する事が出来ます。

 

私が受けた積んでおくべき職務経歴アドバイス

実際に私がヘッドハンターかた受けたアドバイスで、私が持つ営業経験に、マネージャーや責任者ではなくサポートスタッフや補佐という肩書、経験でも構わないのでバイヤーとしての購買経験がプラスされれば、ある類似業界での転職に非常に有利となるというモノがありました。

 

また別の転職エージェントからは、海外駐在地で、この国のこの地域での限定されたエリアの営業経験があれば、今すぐにオファー出来る求人があるという情報も提供されました。

 

転職支援サイトやエージェントに登録する際、大多数のサイトでは「いつ頃の転職を予定しているか?」を記入しますが、そこを「将来」と設定すれば、今すぐ有益となるアドバイスではなく、将来の転職に対してのプロのアドバイス、指導が受けられます。

 

更に刻々と変わる求人市場などの情報も提供してくれますので、転職準備として身に付けると有利な経験情報を転職支援サイトやエージェントから得る事をお勧めします。

 

この転職・再就職準備は、謂わば内的と外的な要素を合わせた準備行動と言えるでしょう。

 

転職支援のプロとは定期的に連絡をとり続ける

転職したい気持ちが固まってから・理想の求人が見つかったら転職活動を始める、という中高年でも、エージェントやヘッドハンターなどの支援のプロとはメールでも良いので定期的に連絡をする事をお勧めします。

 

その理由は、人材市場は短い期間で状況が大きく変わる場合があるからです。

 

転職や再就職市場に精通したプロと連絡を取る事で市場の現状が把握出来ますし、その把握に依り理想的な求人と出会う事もあります。

 

必要に迫られて転職や再就職活動を始めると、場合に依っては限られた選択肢で、理想とは言えない候補から転職先を決めざるを得ない状況となる場合があります。

 

常に最新の人材情報を把握しておくことが、転職のタイミングを逃さない為に重要です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク