中高年のキャリアが活かせる類似関連業界を把握

キャリアが活かせる全フィールドの知識を持ち転職の選択肢を増やす

中高年の転職で転職支援サイトや転職エージェントに登録し活用するのは基本で当然の活動ですが、転職を決断し実行する際に登録するのではなく、長期的に転職を検討する際でも、事前に登録し大いに活用をするべきです。

 

活用するメリットは多々あり、それをご説明します。

 

 

中高年のキャリアが活かせる全てのフィールドを知る

キャリアが活かせる全ての業界

キャリアが活かせる
全ての業界

中高年の場合、属している業界で専門的なキャリアを積んでいる筈です。

 

しかし、その業界に関連した、または類似した業界での求人状況を把握している中高年は多くありません。

 

そもそも、自分が属している業界で積んだ経験、知識が活かせる業界として、どういう業界や業種があるのか、その全てを知っている中高年は実に少ないようで、それは今までに転職や再就職を経験していない中高年に多いようです。

 

つまり現在属している業界以外にも、転職や再就職が可能な類似した業界を知らない中高年が多いということです。

 

転職のプロからのアドバイスとメールで学ぶ

私自身も、こちらの転職体験談「保険とした転職オファーと転職・再就職支援で違う応募者の扱い方」でご紹介しているように、自分が持つ経験が、この業界でも活かせます、こういった仕事でも活用出来ますという事を転職エージェント、ヘッドハンターから教えて貰いました。

 

類似した異業種での求人オファーを受けたのですが、「何故、私の経験が活かせると考えたのですか?」とヘッドハンターの方にお聞きし、その理由の説明を受け、「なるほど!」と納得したものです。

 

その求人に応募し採用されても、その類似の異業種に関して少し学べば、確かに私の経験や知識は活かせる、と感じました。

 

しかし、そのヘッドハンターの方から求人オファーを貰わなければ、きっとその類似異業種での求人は検索対象としなかったでしょう。

 

転職の検討対象となる求人が増える

つまり転職先の候補、選択肢が倍増した訳です。

 

自分が今いる場所に対して、必ず上流があり、また下流もある、さらに幾つもの支流もあり、それだけ転職・再就職の可能性が広がったのです。

 

それを学ぶには転職エージェントとコンタクトしてアドバイスを受けるのも良し、また転職支援サイトに登録するだけでもマッチング求人メールやスカウトメールが送信されて来ますので、それをチェックする事でも学べます。

 

必ず意外な業種の求人メールを受け取る事となります。

 

「貴方のキャリアに対して、この求人がマッチすると考えます」というメールを転職支援サイトから受信する事で、「そうか、こういう業種でも自分の経験が活かせるのだ」と分かります。

 

長期的に転職を検討する場合も選択肢は多いに越したことはありません。

 

自分のキャリアを活かし、有利な転職を成功させる為に関連業界、類似業界に対する知識を転職支援サイトを利用し積むようにするべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク