中高年の長期的な転職準備で最もお勧めの英語学習

中高年の英語の能力は社会人の価値を上げ転職に非常に有利

中高年が長期的に転職を検討する場合で、準備しておくべき事を、

  • 内的な要素:自分自身に対して行うべき事
  • 外的な要素:自分を取り巻く環境に対して行うべき事

の2つに分けてお伝えします。

 

先ず内的な要素、自分自身に対して転職・再就職準備として行うべきことをご説明します。

 

 

英語は私の社会人として最強の武器

絶対お勧めの英語習得

絶対お勧めの英語習得

私は英語を話します。

 

この私が身に付けた英語という武器が、転職・再就職でどれほど役に立ったことか

 

英語が話せる、英語が出来る、外国人と英語でコミュニケーションが出来る、英文メールも書類も任せられる、その結果として得られた海外ビジネス経験を持っている、外国との取引が任せられる、という評価が、どれほど私の社会人としての価値を上げてくれたことか…

 

こちらの記事「年収600万円以上 英語中級/TOEIC700点以上での転職」にもありますが、英語能力を持つ事は間違いなく転職、再就職に有利です。

 

また、「外資系企業の求人でも必ずしも英語が必須とは限らない」でお伝えしているように英語は必須ではありませんが、しかし外資系企業への転職・再就職という選択肢でも有利です。

 

ヘッドハンターの目にとまりやすいスキルも、英語能力です。

 

長期的に転職を計画するのであれば、先ず私は英語の習得を強くお勧めします

 

中高年になって今更英語は覚えられるのだろうか、身に付くだろうか、英会話が話せるようになるだろうか…?

 

大多数の英語が出来ない、苦手意識を持つ中高年は、こう考えます。

 

確かに1か月では、英語をマスターする事は不可能でしょう。

 

しかし早ければ3か月、長くても6か月学習すれば、普通に英語でコミュニケーションが出来るレベルに成ることは、それほど困難ではありません。

 

中高年でも英語はマスターできる

英語、また英語学習を難しく考える必要など全くありません。

 

私が実際に行ったように、中学2年生の英語から学習をスタートしてみて下さい。

 

実際のビジネスで英会話に求められる英語の能力は、中学卒業の英語レベルで殆どカバーできます。

 

もし6か月、真剣に英語を学習すれば高校2年生レベルも可能で、このレベルとなれば履歴書にビジネス英語レベルと書いて構いません。

 

業種に依って多少の評価の違いはありますが、英語は非常に強い武器で、その価値は今後も変わりません。

 

特に中高年の場合、英語が苦手という人が大多数で、大多数でありながらも英語学習をしようという人が少ないので、よりチャンスであり、またより付加価値が高くなります。

 

長期で有利な転職を検討するならば、英語を再学習する事を目指す事を強くお勧めします。

 

以下の私の英語に関するサイトで、私が英語をマスターした経緯、お勧めの学習法、アドバイスをしていますので、是非参考にして下さい。

 

英語・英会話を話したい人へ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク