中高年の自己プレゼンテーションはコアスキル記載の職務経歴書で

コアスキルや実績の数値も具体的に説明し改善指導でブラッシュアップ

中高年の転職エージェントやヘッドハンターへの自己プレゼンテーションは、転職支援サービスサイトに提出したコアスキルなどが記載された職務経歴書を基本に行うようにしましょう。

 

 

コアスキルを書いた職務経歴書に基づいて説明

応募書類のブラッシュアップ

応募書類の
ブラッシュアップ

実績などが数値で記載されているならば、その数字の価値、意味、そしてその時の背景なども同時に説明すると、より理解が深まります。

 

例えば、同じ売上金額でも景気の良い時、悪い時、時代の背景やトレンドに依って相対的に価値が変わります。

 

何も誇大にPRしろとは言いませんが、正確な価値の評価と理解は、求人オファーのマッチングにも必要です。

 

出来る限り具体的に、もし有れば比較例も持ち出し、転職エージェントやヘッドハンターの理解度を得るようにしましょう。

 

求人応募書類の改善指導でブラッシュアップ

更に副次的なメリットとして、転職エージェントに理解を深めて貰う事に依り、履歴書、コアスキルなどを含めた職務経歴書、自己PR資料のブラッシュアップも可能となります。

 

貴方の

  • 中高年としてのPRポイントは何処にあるのか
  • 何をどう強調すれば書類審査で合格する可能性が高くなるのか

それらの指導を受ける事が可能です。

 

その指導は、貴方をより正確に把握した上での指導ですから、やはりより効果的で正確な指導と言えます。

 

私自身も、何度も非常に具体的で詳細な指導、自分では全く気が付かなかった改善指導を受けています。

 

転職のプロが中高年である貴方をより深く理解した事で、書類をより効果的なPR資料とする為に、表現から書き方まで指導をしてくれる事も期待出来ますので是非実行するべきです。

 

尚、転職エージェントの登録は、こちらの「中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」を参考して下さい。

 

またコアスキルに関しては以下の関連記事も参考にして下さい。

 

理解され把握されないと戦略的なPR指導は受けられない

いくら百戦錬磨の転職支援のプロでも、転職・再就職希望者である中高年の人材価値を、十分に深く理解しなければ、適切、且つ採用を勝ち取るための戦略的な指導は出来ません。

 

特にコアスキルに関しての理解が重要で、コアスキルこそが中高年の人材価値そのものと言っても過言ではないでしょう。

 

転職・再就職希望者の貴方を理解し、求人を出す企業の事情をも理解してこそ、転職のプロも能力をフルに発揮出来るのです。

 

片手落ちのないようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク